056 簡単に「自分を変える方法」。

本気で変わろうと思えば即変化できる!

「こんな自分はキライ」
「私は変わるコトなんてできない」
そうやってずーっと生きてきてません?
自分を変える事は難しいようで、
実はそんなこたーないのです!

「自分を変えたい」そう思う時って、
大抵何だか思う様にいかない時だよね?

そしてそうやって考える時というのは、
「自分自身と向き合った時」 か
「対誰かと向き合った時」の、
二つの場面に大きくわけられると思います。

 

「自分と向き合った時」というのは、
例えば、
自分で決めた事をやり遂げられらない、
自分の為と分っているのにできない、など。
身近な例だとダイエットとか勉強。

 

「対誰かと向き合った時」というのは、
告白したいことがあるのにできない自分とか、
(レスに一人で悩むのもこのうちの一つです)
理不尽なのに言い返せないとか、
真実を知っているのに話せないなど、
自分以外の誰かがいる・ある、からこそ
思ってしまう場面。

 

人は、
今まで生きてきた中で
「こうあるべきだ」という道徳観や
「こうありたいな」と思う理想があり、
自分がそのように行動できない時

「こんな自分キライ」
「自分を変えたい」

なんて思う。

 

で、も、
絵本やドラマの主要人物の様に
志が高くて理想的な人間に
実際なるのは難しい…

自分を変えたいって
切実に思うくらいだから自信もない…
それなのに、
「マーフィーの理論」を信じて

「私は絶っ対に、大丈夫ー!」

なんて信じ込んで生きるのは、
自分を変える中でも
最上級の難しさ…とても無理。。
(マーフィーの理論というのは、
簡単にいうと
「思っている通りになる」という理論。
ますかけは10冊以上
マーフィー本を読んだけど
どーしても本で謳っているいるように
思い込むことも振る舞う事もできませんでした…)

 

じゃー、どうしたらいいのか?

 

意外に簡単です。

「イヤな自分」をやめればいいのです!!

なんかね、
こんだけ引っ張って
こんだけのもんしか出てこないと
文句等聞こえてきそうですが、
この考え方が意外にイイ感じなんですよ!

 

理想を持つこと、
目標を立てること、
そりゃーとても大事な事だと思う。

でも、
内面的、精神的な事に関しては
頭上に「こうなりたい」というカタチを掲げると
ものすごいプレッシャーになるし、
そうできなかった時に
今まで以上に自分を責めちゃったりする。

だから ちょっとした事だけど、
「自分こうなりたい」じゃなくて、
「自分こうはイヤだ」 「これはしたくない」
に、考え方をシフトすると
身構えないでスタートできるし、
簡単に変わる事ができる!

 

「私は10キロ痩せて〇〇みたいにキレイになる!」
だと、
〇〇との差幅が大きいから
目標である頂上が遠くて
すっごい頑張らないと到底着けない感じ…

 

でも、
「今のスタイルのままはイヤだなぁ。」
の考え方で、思ったその場で
ちょっと食べる量に気を付けてみたり…
時間もあるから一駅歩いてみたり…

『頂上を見上げてのぼる』 のではなく、

『ココにいるのはイヤだから少し上に移動する』

これを繰り返して頂上を目指す方法だと
気負いしないし、 直ぐに実行できる。

 

高いところに目標をおいて着いたって、
一歩後ろの足跡を見ながら
次の一歩を出すを繰り返して到着したって、
結果は同じ。

しかも、
「ココはイヤだから、も一歩前へ…」
そうやって一歩一歩進んだ方が、
実は毎日楽しく、
やりがいや成果を実感しながら
過ごせたりもするものです。

 

なんだかうまくいかない人、
ぜひ、この考え方で
いっちゃってみてください!

 

 

~ますかけ小言~
ここで紹介した考え方は、
高く目標を置いてうまくいかない時や、
自分の変化を感じにくい時などに
ますかけがヤル方法です。

他の『ますかけの提案』を
読んでくれていると分かると思いますが、
モノゴトは考え方次第で
全く違う印象になったり
異なった結果をうんだりします。

『関係がうまくいかない時、
相手を変えるよりも
自分が変わる方が
はるかに簡単である!』

『自分が変わりたい時、
高い目標を掲げて
距離感をつかめないまま進むより、
今はイヤだ、ココはイヤだと
まず一歩、そしてまた一歩…
その方がずっと簡単・・・……
に、
感じるかもしれない!』

そーいうことですっ!

一緒に頑張りましょう!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>