062 「進撃の巨人」、リヴァイ兵長に学ぶ!

わってるようで言葉にできなかった、、、、その言葉!

「言われなくてもわかってるさ」
なんてお決まりのセリフを吐く場面。
あんたそれ、
言われないとわかんねー様な
態度や素行しかできてないから
言われてんのわかってる?!

 

ファンじゃなくても耳にしたことはあるだろう
『進撃の巨人』!

それにしたって時間がないのに
ハマったら生活に支障がでると避けていた ますかけ。

しかし、
読んだらやっぱり面白かった。。

理由なくして人気が出るなんてこたぁーないのね。
やっぱ中身が面白いからなのね。

 

 

この作品の中で
キャラクター人気投票の概念を無視し
もの凄い勢いで 『1位』 を獲得したのが

『リヴァイ兵長』 だ!

「こんなチビ、キャラとしてカッコいいか?!」

そう言っていたのに……
はい、
見事にファンになりました。

今では 「さようなら」 の挨拶は
「リヴァイばい!」
というような有様でございます。

 

 

さて、
ますかけがリヴァイ兵長にはまる
きっかけになったのが、
彼の言ったセリフでした。

 

「分ってるようで、
言葉にできなかったようなこの言葉!
すげぇーなリヴァイ!
あんたかっこイイねぇ!!」

 

コミックス6巻で出てくるセリフですが
そのまま引用します。
場面は、
その場にいる全ての人間が
生きるか死ぬかの瀬戸際で
主人公のエレンが、
自分の為に犠牲となる人を前に
自ら戦うか任務を優先するか迷っている時
リヴァイ兵長が彼(エレン)に言うセリフです。

(以下進撃の巨人6巻から引用、
会話に関係なくリヴァイ兵長の言葉のみ抜粋)

 

「お前は間違ってない
やりたきゃやれ」

 

「お前と俺達との判断の相違は
経験則に基づくものだ
だがな
そんなもんはアテにしなくていい
選べ…」

 

「自分を信じるか
俺やコイツら調査兵団組織を信じるかだ」

 

「俺にはわからない
ずっとそうだ…
自分の力を信じても…
信頼に足る仲間の選択を信じても…

…結果は誰にもわからなかった…」

 

「だから…
まぁ せいぜい…
悔いが残らない方を自分で選べ」

 

 

うぅっ・・・
マジで 痺れるねーこのセリフ!
ホント、その通りだよね!

 

みんな、
何かを選択する時は迷う!
大事な選択程迷いに迷う!
時には人に相談したりもする。
性格や今までの人生経験の差で
判断や選ぶ答えは違うかもしれない。

でも、
そんなの関係ないのよね!

 

何故かって、

 

結果は誰にもわからないから。

 

自分自身を信じても、
信頼できるだろう誰かを頼っても、
結局のところ
結果どうなるかは誰にもわからないのよ。

だから、
出来る限り悔いが残らないように、
自分で頑張って選択しないといけない。

選択するという事は、
自分で嫌というほど考えなくてはいけない。

考えるという事は、
自分自身に問いかけて、
自分自身を見直すって事だ!

そう、自分自身を見直す…  って、

あれれーー、
なんだよリヴァイ兵長!
あんた ますかけと同じ様な事
実は考えてるんじゃないの!?
ヒャッホー!

 

と、いうわけで、
結果的にはますかけが言いたいことを
物凄くかっこよく、そして解り易く
リヴァイ兵長が言ってくれてたので
紹介させてもらいました。

(世の兵長ファンの方、
ますかけが兵長と同じ、みたいな
言い方になってすみません。
時間のある方は今までの
ますかけ記事を読んでもらえれば
一応どういうつもりで書いているかは
納得してもらえると思います。
すみません。。。)

リヴァイ兵長のセリフ、
何度も読んでみて。
自分に置き換えて考えてみて。
色んな事、見えてくると思います。

そしてこの、
リヴァイ兵長の言いたい事を
ガッツリとサポートしたのが
7巻のアルミンだっ!

これについては次回。

↓↓↓
063 「進撃の巨人」、アルミンに学ぶ!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>