011  直球。 「セックスレス」。。

セックスレスとは? 本当の問題は?!

今回は直球です。
セックスレスについてです。

そもそもですが、
ますかけがこのサイトを初めた理由は、

セックスレスで悩んでいる女性が多いのに
それを話せる場もなければ、
それに対しての有効な手段・考え方が
あまりに少ない

と、そう感じたからです。
ますかけだってね、
こうやってツラツラ書いているくらいですから
勿論レスで悩んだことがあります。
これだけタラタラと書き綴る事ができるくらい
考え込むタイプのますかけ…
その上、性行為、好きですからね、
普通(←も、イマイチ線引き難しいが)の人よりも
レスで悩む口だと思います。

でも、そうやって悩み・考える中で、
こーなんじゃないか、
あーなんじゃないか って、
出てきた答えがあるわけです。

で、レスの悩みを相談された人にそれを話すと
「なるほどねっ!」 って、
少しココロが軽くなって笑える人がいた。。。

だから、
誰かがますかけのこんな戯言を読んで
少し笑顔になれたら、
前向きになれたらいいなって、
思っているのです。
そしてこうやって考えて誰かに伝えようとする行為で、
ますかけ自身も考える事を怠らないで
自分自身を見つめ直していこう、
そういう大義名分があるのですっっ!
このサイトにはっ!!
まっ、図々しいんだけどね~っ!

 

さて、では本題。
先日ある女性週刊誌の表紙で
女優さんの写真の下に
セックスレスについての題がドカッと載っていました。

ますかけその雑誌買った!
そして読んだ!
なぜかと言えば、
世の女性がセックスレスについて
どのような記事を読んでいるのか興味があったから。

発売されてちょっと経ちますからね、
内容について触れます。
記事の中身を書く訳ですから
一応雑誌名も書きますね。
(下記に 週刊誌/女性セブン 参考文有り)

まず、英コンドームメーカーの調査によると
世界各国の年間セックス平均回数が
112回なのに対し、
日本は年間平均 48回と調査国の中で最下位。
ただしデータは’07・’08年のもだそう。
まー今調べても変わりなさそうですが。。

で、日本家族計画協会が16~49歳男女
3000人を対象に行った調査によると、

●1ヶ月セックスをしなかった夫婦(2012年)
→ 41.3%

これは、2004年調査の 31.9%から
10ポイント近く増えたそうです。

でもでも、これよりも衝撃を与えたのは
下記の結果だとか。
日本性科学会が関東在住の40~79歳の
中高年男女1242人を対象とし
2011.1月~2012.12月にかけて行った調査。

●夫婦間での挿入を伴う性交渉
1年間全くない
→男性 52%
→女性 54%

という結果だとか。
前回10年前の結果に比べ
倍以上の数値を叩き出したそうです。

んでね、
・男性側が女性に対して求める事が多い、
・男性側が女性側の欲求が自分より乏しと感じている
なんて感じで、
日本のレスは男性側が女性側に拒まれる
状態にあるような結果がでているようです。

そして、女性側が性行為を拒む理由が
・仕事で疲れている
・家事や育児で疲れている
・夫に魅力がない
・子どもに気づかれたくない
等があるそう。
仕事した上に家事までこなして、
子ども寝ている中そんなことしている
時間があるなら寝たいというのが本音なのか?

ますかけが面白いと思ったのは、
夫婦間で子どもがいる家庭の場合、
休日に家事や育児を全く手伝わない夫だと
第二子の出生割合が 9.9%なのに対し、
6時間以上行っている夫婦間では
出生割合が 67.4%もあるという話。
すごいね。
読むと納得じゃない?
細かく分析するまでもないです。

あとね、
日本の男性は諸外国に比べ仕事で
大分残業しているそうですよ。
それによって必然的に帰りが遅くなる。
そうすると夫婦の営みの時間が削られる、
という図式ですね。

簡単に記事で紹介していた内容を書きましたが、
どのような感想をもたれましたか?
レスで悩んでいない人は 「へー」 なんて感じ?
レスで悩んでいる人は、多くのレスは
女性が男性を拒むパターンが多い事に
不安をより強くしたかもしれませんね。

でも 待ったっっっ!!

この調査結果を見て、
何を不安に思う事がある?!
なぜこれをそのまま受け止めてしまう!!?

だってさ、
この調査の対象って限られた人達でしょ?
日本全国に一体どのくらいの人間が生きていると思う?
年齢もそう、地域もそう、
住んでる場所や友人関係すら影響する事柄よ?
大体何の調査やアンケートでもそうだけど、
あなたやあなたのお相手がこのアンケートの方々と
同じな訳がない。
実際この調査だってどの年齢でどんな人を
対象にしているのか、あなたとは同じじゃないでしょ?
参考にする?…
いや、ますかけから言わせれば
ただの世間話に過ぎません。
例え全国の人を対象として得た結果でもそう、
参考・参照 、自分と照らし合わせて
比べる必要なんてない!
そんな事に意味はないっ!!!

大切なのは
世間と比べて
どのくらいの位置に自分がいるのか知る事じゃなく、

自分自身がどういう状態なのか、
なぜそういう状況なのか、
何が本当にイヤなのか、
どうすれば解決するのか、
自分がどうなりたいと望んでいるのか、

それを、ちゃんと考え、受け止めることです。

「世の中の男女は
そーいう理由でレスになるのかぁ、
じゃー自分もレスになっても仕方ないんだなぁ。」
なんて、納得している場合じゃない。

「自分みたいにレスの人ってぇ、
案外沢山いるんだなぁ。」
などと、安心しているようではダメなんです!

レスで悩んでいるなら、
一度ますかけのサイトを読んでみてください。
ツラツラと長文が続いて
面倒だと思うかもしれないけれど、 読んでみて!
ますかけのいう事が正しいとか、
こうすれば解決するとかじゃーないです。
ただ、 読んでいて、
こういう考え方もあるんだって思ったら、
ちょっと楽になれるかもしれないじゃん!
だって、そーいう考え方で、
実際楽になったますかけがいるんだから。。
ますかけもレスで悩んで下向いてたのが、
今はこうして偉そうに
レスの悩みから解き放たれるにはどうするべきか
書き綴ってたりするわけですから。

自分をどうにかできるのは
自分しかいない。
明日、 1年後、 10年後、
幸せだと思える自分でありたいのなら、、、
ココを人生の分岐点にしてほしいです。

レスで悩んでいるのは苦しいから。
だから、  諦めないで、
自分の為に
自分の事を見つめ直して
考えてみてください。
そーして ほしいっ!  です。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>