032  「女遊び」と「浮気」と「不倫」。③

『これらをどう決着するか』。。。。。

これまた本当に難しい。。。。。。。

当人と相手の性格、
とりまく状況、
組み合わせは無限大…
どうするのが正しいなんて
わかるはずもないですよね。

裏切られた時の気持ちは
計り知れません。
想像もできない。
された人しかわからないけど、
性格や状況によっても
その気持ちの度合いには差異があると思う。

ただ安易に想像しても、
誰だって悲しみや怒り、
他に楽しかった思い出とか
色んな感情がグルグルするんじゃないかな…

なぜ私を裏切ったの?
あんなに楽しかったのに…
あれも嘘だったの?
信じていたのに…

いや、想像できることを書こうと思ったけど
やめよう。
大事な事はそこじゃない。

裏切りに気付いた時、
すぐに相手を問い詰めたり、
相手のお相手にコンタクトをとったり、
離婚をするんだと宣言したり
感情に身を任せてしまいがち…

でもこれは、やめた方がいい。

簡単に言っているように聞こえるかな?
きれいごと言ってるんじゃないです。
やめた方がいいという理由は、
相手や世間のためじゃない。
自分の為に、です。

「なんで悪い事してない私が裏切られて
我慢しなくちゃいけないのっ!?」

ごもっともです。
ますかけもそう思います。
相手に対しても怒鳴りたいし殴ってやりたい、
社会的地位も人としてのプライドも
メチャクチャにしてやりたいし、
浮気相手に対しても制裁をくわえたい。。。

でもここで、
踏みとどまって、
考えなくてはいけないと思う!
どうする事が一番、
自分にとって幸せか、
都合がいいかという事を。

 

浮気の事実が発覚したとき、
された側の話を聞いていると
怒りの感情にいくつかのパターンが
あると思いました。

・自分が彼を心底愛しているのに
他に相手がいた事へのショック

・自分を女として扱わない(レス)のに
他にそういう対象がいたショック

・自分が不貞行為を我慢しているのに
(過去に諦めたを含め)
相手がしていた事に対する苛立ち

・自分に全てをやらせておいて
(家事や子育て、親や親戚の面倒など)
好き勝手やってる事への怒り

・自分が思っていた人物像と相手が違った
(そんな事する人だと思わなかった)
ことへのショック

・自分が何もわかっていなかった、
気づく事ができず気が回らなった事への
苛立ちやショック

・他人と性交している事への不潔感や憎悪

 

これ以外にもあるし細分化できますが、
とりあずこのくらい挙げてみました。
ここに挙げた内容のうち一つだけを
考えるわけではなく、
二つ三つ重複するのが普通だと思いますが…
何か気づく事ありますか?
これらは大きく二つのパターンに分かれると思いませんか?

『相手を心から愛している系パターン』 と、
『自分を裏切った事が許せない系パターン』 です。

 

『相手を心から愛している系パターン』は、
文面どおり自分がまだ相手の事を
好きだ、この人だけだとおもう感情を
強く持っていて、
自分以外に気がいっている事に対して
傷つくパターンです。

『自分を裏切った事が許せない系パターン』は、
普段から自分が我慢している事、
こうすべきだと律して
頑張っている事がある、
仕事だと思っていたのに不貞行為か?! など
簡単に表現するならフェアでない事に
憤るパターンです。

自分がどちらのパターンに対して
感情の割合が大きいかでも
この先どうするかの決断はかわると思いますが、
どちらにしても、まず、
感情のままに行動しない事が大事だと思います。

それはなぜか?

一度動いて場を濁すと、
元の状態にはもどらないからです。

 

すっごく傷つくし、
頭も真っ白。
こんな事あったのに
落ち着いて考えられない、そう、思います。

でも待って!
自分の為だから!
最初にやるのは落ち着く事。
次にやるのは頭の中の整理です。

言うのは簡単だと言われるかもしれません。
でもね、
こうやって感情的にならずにはいられない時ほど、
こんな風に考えてみてください。

今は、答えのわからない数式を解くのです。
とりあえず、その答えを求める為に
必要な数字(原因や事実)をピックする。
それに自分の気持ち(どっちのパターンか)も加えてみる。
そしてそれらの数字を、
これは数式の前の方だとか後ろの方だとか、
かっこつけて掛ける2だとか考えてみる。
(どーいう流れでそーいう事がおこって、
自分がどんな事を感じて、どう考えているかを理解する)
んで、その結果、
自分がいったいどうしたいのか導き出してみる。
まずそれをする。
理論的に考える。
論理的に処理する。

これをしないで場を濁すとですね、
自分が出したかった答え(結果・決着)に
たどり着けなくなる場合があるのです。

例えば、
腹を決めて離婚しようと思ったとする。
でも、自分が騒いで場を濁したら
もう離婚する為に必要な証拠をつかむのは
難しくなってしまうかもしれない。

相手とやり直したいと思ったとする。
でも感情のままに騒いだら
逆に相手からその場の言い合いをきっかけに
離婚を切り出されてしまうかもしれない。

最初にちょっと落ち着いて考える事で、
自分がたどり着きたかった決着のシナリオが
書けなくなるかもしれない。
だから、難しいのはわかってるけど、
一度落ち着いてよく考えてみてほしいという事です。

ある程度の年齢になった女性が
このご時世で生活していけるだけの
仕事に就くのは本当に大変な事です。
よく考えて計算して、
「3年あったら毎月〇〇円ずつ貯めて
家を出ていく事ができる」
とか、
「理由を付けて〇〇を解約して
まとまったお金を手にしてから、
〇ヵ月かけてそれを使った事にして
財産分与の枠からはずそう」
とか、
考えればいくらでも手段はあります。

相手とまだ一緒にいたいと思ったなら、
確固たる証拠をつかんで
浮気相手に対して慰謝料を請求するのも一つ。

男の人は外で女遊びくらいすると割り切って、
今まで以上に自分の事や相手の気持をよく考え、
ボールを放られたら我を忘れ追いかけた犬(すみません夫)
の帰りを家で待つというのも一つです。

どう決着させようとするか、
またどこを決着とするのか、
本当に難しい問題だと思います。

でも、自分自身の事。
考えるのも導いてあげられるのも、
自分しかいないのです。

自分1人で考えられなくて
誰か友達に話してみたり、
どこか専門のところへ相談に行くのも
一つなのかもしれません。
けどね、所詮他人事です。
でもね、他人事だから
感情がからまないから
的確にアドバイスできるという事もあります。

けれど最後にまわってくるのは
自分の判断。
結局考えなければいけないのです。

気持がふさぎ込んでしまい、
心や体が病んでしまったら
深く考えるのは難しいのかもしれない。
そんな時は少し、
休んでみてもいいと思う。
しかしカラダの中に
いつまでも毒を溜めていて
イイはずもない。。

自分のカラダを、
自分のココロを、
自分自身の幸せを、
自分のために、
自分自身で、見つけてあげてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>