033  「不貞行為」 一歩手前の方へ。

「事実」に踏み込んだら、もう取り消しはできません。。。

恋がしたい!
そう思っている人もいるのでは?…
恋は楽しいものですよね♪
経験できるに越した事はないし、
恋に飛び込める状況にあったら
ダイブしたいと思うのが、人ってもんでしょっ!

ますかけ個人は
不貞行為全般、
女遊びも 浮気も 不倫も
否定も肯定もする気はありません。
人それぞれ状況や理由があってそうなるし、
自分自身も片棒を担いだ経験もありますし…

だけどこの不貞行為、
楽しい事ばかりではけしてないっ!
「わかっている」 と思っていてもハマる、
「どうにもでいない」 と言って恋心任せに振る舞う、
その行動が原因で思わぬ方向に行ってしまう事も?!

お粗末ではございますが
ますかけが人生経験から思う事を
今日もえらそーに述べさせていただきまーす。

 

不倫の話と言えば 「失楽園」
なんて思い浮かびません?
タイタニックが流行ったら
自分探しに行くと会社を辞める子が急増した浮世。
作品を見たり話を聞いたりする影響というのは、
「悪い事」 が起こる幻想より
「良い事」 が起こる幻想を抱かせる事が多く感じる。
世の人間半分以上は
自分に悪い事が起こる想像より
良い事が起こる想像や幻想に時間をつかっているんじゃないかな?

そーいう思考回路を持っているから
耳にする 「特別な恋」 を羨んだり
「心が燃えるような相手」 を望んだりするけど、
これは絵に描いたようないい事ばかりではないのです!
ちょっと掘り下げていきましょー!

 

「不貞行為」 と銘打ったわけですから、
自分に相手がいる事が前提です。
そんな人にとにかく最初に考えてほしいのが

「本命とされる相手と別れてもいいか」
「本命とされる相手が自分を愛しているか」

という二つです。

不倫の関係をもった人の意見でよく聞くのが
「家庭を壊す気はない」
というセリフですが、
それってどーいう意味? って思いません?!

民事上違法行為ですからねっ!
やった時点で裏切りです。
それにバレなきゃいいが通ればいいですが、
バレタ時には家庭は壊れます。
壊れるというのは離婚だ別居だという結末ではなく、
今までとは絶対的に違い、
それが起こる前にはもどらないという事です。

また やる側に別れる気が無くても
裏切られた相手が離婚を決断するかもしれません。
だから、
もしバレタ時には
「本命とされる相手と別れてもいい」
という覚悟を持って臨んでほしいという事です。

こーいう話はね、
やる前の人に言ってもやってる人に言っても
「わかってる」 って、言うのよ!
でもあまーーーいっ!
全然わかってないっっ!
現実逃避。。
ほとんどの人が綱渡りです。
家庭がある人、特にお子さんがいる人は
よくよく考える必要があります。
「ちょっと魔が差して」 なんて死語、通用しません。

そしてもう一つが、
「本命とされる相手が自分を愛しているか」
について、考えてみてほしいのです。

相手があなたをまだ愛している、
そう感じるのなら踏みとどまるべきです。
その行為は想像以上に相手を傷つけます。
また、裏切られた相手の愛情が
怒りや憎しみに変わった時、
小説やドラマ並、いや、それ以上の
恐ろしい事が起きたりもするのです…

上記二点を最初に考るべきだと言った理由は、

「不貞行為を隠して生活する事は
深い罪悪感を抱えながら
いつどうなるかわからない不安の中を生きる」

という事だからです。
その重みに耐えられますか?
すっぽり隠して何事も無い様に生きて行けますか?

ますかけはサイトの中で
自分をよく見つめ直して
「自分にとっての幸せ」
を見つけてほしいと謳っています。

不定行為に走る事が、
考えた挙句自分の幸せだと言うのなら
それはそれで素晴らしいと思います。
明確に自分が 「幸せ」 になれるモノが見つかったんだから。
自分が幸せだと思える人生は、
心から大事だと思います。

ただ、
自分の幸せだと思えた人生の選択で、
家庭が崩壊し、
子どもが寂しい思いをし、
自分を愛してくれた人が傷つき、
想像もしなかった事態に陥る…
この状況を目の当たりにすることになっても、
これが自分にとっての幸せだと断言できるかという事です。

何事においても全てがうまく納まる、
そんな選択肢はないと思います。
スポーツの世界だって勝者がいれば敗者がいる。
誰かが何かを得たり選択した時は
どこかの誰かが何かを失ったり手放したりしている。

何度も同じ事を繰り返し言いますが、
自分が不貞行為で得る幸せの代償と比べてみても
やはりその行為が自分にとっての幸せなんだ、
そう断言できますか?
バレナイなんて幻想は捨ててください。
都合のいい空想の保険は何の役にもたたない。

何事においても全てがうまく納まる、
そんな選択肢はない、
それは自分自身にも言える事。
自分の人生でも、
「一番これを望む、手に入れたい」
そういうモノをみつけて、
その為にこれは捨てなきゃいけない、、、
そういう決断が必要な時があるし、
そうやって今まで生きてきたでしょ?!

冒頭で述べましたがますかけは、
不貞行為を否定も肯定もしません。
でもなぜか意見は 「否定気味」 ですよね?
それはなぜか??

やっちまたらそれが事実になっちゃうからです!
踏み込んだらもう取り消す事はできない。
足跡は消えないのです。
いくら相手と別れても
その事実は消えないし、
ずっと背負って生きて行くしかないのです。

刺青みたいなものですよ。
消せないの。
いくら衣服で隠してみても
「ソレ」 は、 事実。
バレないように注意して、
しばらく経って当の本人は忘れてて、
ふとした時にバレちゃって…

なんてのもよく聞く話です。

不倫相手と別れたあとに
不倫相手のお相手から法的に慰謝料を請求されたとか、
個人的に脅されて金を払ったとか、
会社や家に電話で嫌がらせされたとか、
そこらへんにゴロゴロしている話ですよ。

あなたの裏切りを知った本命に自殺されたら?
子どもがイジメにあったら?
親が白い目にさらされたら?
それでも不倫相手と楽しく人生やっていけますか?
もしかしたら不倫相手に対して
「お前のせいだ!」 「あなたがいなければ」
なんておもいを抱くかもしれませんよっ!

 

世の中の男女は話をしないなーって思う。
特に日本人は性交という肌を重ねる行為と共に、
話し合うというコミュニケーションも欠けていると。

現状にたりないものや
なくしてしまったものを求めて
外に目がいくのなら、
ちゃんと本命と話あってからでもいいんじゃない?
自分の欲求を伝えて、
本命の意見や話も聞いて、
やっぱりダメだとおもったら、
「じゃーこうしようとおもうけど」
そう宣言して不貞行為をやるくらいの
正当性がほしいっ!

そうじゃないと、
結局自分の幸せが崩れちゃうかもしれないから…
やるからには、
なんとなくとか
バレルわけないとかじゃなく
覚悟をもってやってほしい。

これはイコール、
覚悟を持って、本気で、
自分の幸せについて考えてほしいという事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>