034  「好き」になっちゃうメカニズム?!

その気持ち、本当に 「恋」 ですか?!

突然
「好きになっちゃった」
「これが… 恋?!」
なんて舞い上がったこと…
誰でも一度はあるのでは?
今回のますかけ定義 お題は
「好きになっちゃう、これって恋?!」 ですっ!
早速戯言に移りましょう♪

毎度ますかけの勝手なおもいをつづっていますが、
今回も例外ではなく、
ますかけ個人の意見ですからね!
あしからず。。

最近浮気や不倫など
不貞行為について書いていたので
これを書こうと思ったわけですが、
みなさんの 「恋する瞬間」
って、どんな感じがありました?

一目惚れ?
友達から発展して?
仕事上関わって話していたら?
友達の紹介で交際前提で会ってみたら?

まー様々あると思います。

「一目惚れ」 に関しては
聖子ちゃんがビビビっと結婚してしまったように
説明できぬものがありますので、
これは本当にビビビっと電流が走って
ショートしてしまったか、
空想で理想としていた人物像が
服を着て歩いてきたから恋に落ちたとか…
「恋はハリケーン」 も否定する気はなく
むしろ肯定派ではありますが、
これらは言い方変えれば
怪奇現象に近いものなので
ちょっと置いといて…

その他!
一目惚れじゃない
「人を好きになる」
「恋しちゃった」
について掘り下げてみます。

まず簡単に結論から申し上げますと、

「きっかけがあり
一歩踏み込んで内面に触れる事ができた人」

これが好きな人になり、
恋したと思う相手になっちゃうのではないかと
ますかけは分析しています!
(全部が全部じゃないと思うけど、
「本物の赤い糸」よりこのパターンが多いと思う)

この分析結果が当てはまる人は
フリーの人よりも、
お付き合いしている人がいるとか既婚者とか、
本命とされる相手がいる人。

じゃーなぜそーいう人が? というと、
基本的には本命以外の人と
必要以上に仲良くなる立場にないからです。

本命とされる人がいると、
他の人と特別な関係になるべきではないというのは
皆さん周知の常識ですよね?
でも人間はなれてしまう生物…
本命さんと過ごしていく中で新鮮味は薄れ、
マンネリ化してしまうのです。
そーいう時にですね、
周りにわんさかいる人間の中で
「一歩踏み込んで内面に触れる事ができた人」
との接触が何度かあると
高い確率で
「余計な仲」
になってしまうと分析しています!

もう一段掘り下げて、、、
余計な仲になってしまうのはなぜか?

この浮世、人の一生では
関わり切れない程の人間がいます。
そしてその人それぞれに、
良い部分、悪い部分がある。

人間という生物は
わざわざ自分の悪い部分を
さらけ出して生きてはいません。
大抵の人は自分の 「良い部分」 を
他人に印象付けようとする。
この行動が顕著に表れるのが
「付き合い初め」
(関わった最初の頃、接してるトータル時間が少ない頃)
です。

自分の事、イイ人だって、思ってほしいよね?
その為に第一印象を気にしたり、
初めが肝心と、話し方や身なり、
相手に対しても気を遣ったりするよね?
と、いうことは、
こちらが相手に対して抱く印象は
「好印象」
になるハズなんですよ。
相手がそうしてるんですから。

それに加え
人にはそれぞれ個性があり、
自分にはない 「いいな!」 と
思える部分があるものです。

どーいう意味なのか前述した事をまとめると、
自分が本命の相手とマンネリ化していて、
でも他の人と特別な仲にはなれないと自制していて、
そんな中ある人とちょっと深く話す機会があったら、
その人はとてもいい人に思えて、
自分にはない素敵なところもあって、
気が付いたらちょっと気になる人になってて、、、
何度か顔を合わす間に、
私この人好きかも?
恋しちゃったかも?!
という流れができあがるのではないかという事です。

ここで改めて強調したいのは、
「一歩踏み込んで内面に触れる事ができた人」
というのがこの方程式に組み込まれる人物であり、
赤い糸で運命づけられた
「好きな人」
「恋した人」
が組み込まれるわけではないという事。

もっと簡単に言うと
「相手が運命染みた特別な人でなくても、
一歩踏み込んで内面に触れてみたら
自分が興味を持つ人間になる」
可能性が高いということです。

さっきも書いたけどね、
人それぞれイイ部分も沢山あります。
誰も彼も魅力的ですよ。
自分に規制がかかっている立場だと、
相手と話す時間も限られているので
悪い部分を見る機会などほとんどなく
良い部分を意識するばかりになりがちなのです。
だからね、
Aさん Bさん Cさん がいて、
この中に運命のお相手が
いようがいまいが、
一番最初に
「一歩踏み込んで内面に触れる事ができた人」
を好きになる可能性が高いって事です。
誰でもいいって事。
誰に対してでも 好きになっちゃった、
恋しちゃった、 そう思う状況になる可能性があるって事。

ちょっとゴチャゴチャしてきたかな?
ここらで単刀直入に申し上げますと、

「相手が誰であってもちょっと深く話せば
相手を好きだとおもっちゃう」

って事です。

人を好きになる…
もちろんこれって、悪い事じゃない。

でも自分に本命の相手がいたら?
他の人を好きになるのはタブーとされる事。
だから中途半端にこの状態になるのは
避けたいところですよね?
けれど人は、
一歩踏み込んで相手の内面に触れた時、
相手のイイ部分に深く興味を持ったり
とても新鮮に感じたり、
もっと相手を知りたいと思ったりする。

そしてこれを、
「好きになった」
「恋をしてしまった」
そう勘違いしてしまうのではないかという事です。

まぁ 勘違いだろうが本物だろうが、
本人が楽しければいいのかもしれませんが、
こういうメカニズムを一応聞いたことがあれば
そーいう気持ちになった時に
少し冷静になれるのではないかと思います。

こういう事を一応頭の片隅に
置いといた方がいいと思ってこうして書くのは
自分の本命さんの為ではありません。
自分自身の為にです。
自分自身が幸せでいられる為です。

ちょっとした勘違いやその場の感情で始めてしまって、
自分にとって一番の幸せだったかもしれないモノを
手放す事になったら後悔しきれないでしょ?

前回 「033」 でも書きましたが、
やっちまたらそれが事実となり
踏み込んだらもうその足跡を
取り消す事はできませんから。

自分の状態が不安定だと
普段はできる判断ができなくなることもありますしね。
せめてビビビっときても、
ある程度の期間はビビっときた相手と自分を
冷静に見つめる期間をとった方がいいと思います。

全ては自分の為に…
いろーんな事、よく考えましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>