040 『経験』は、財産! 忘れる必要なんてない!!

『人生経験』 を、活かせているか?

突然ですがクイズです!
○○に、当てはまる言葉はなんでしょーかっ?!

人間は
判断力の欠如によって ○○し、
忍耐力の欠如によって ○○し、
記憶力の欠如によって ○○する。

これはフランスの アルマン・サラクルーという
劇作家の言葉らしいです。
『林修の今でしょ!』 で、やっていました。
ちなみにますかけは、当てちまいましたよ!
(こんなフランスの人知らんかったけど)

わかったかな?
わかんないかな~っ?!

ではここで大ヒント!
○○の、後ろ○には 『婚』が入ります。
なので全て 『○婚』 という言葉。
もうわかった、よね?!!
では正解をご一緒に。

人間は
判断力の欠如によって 結婚し、
忍耐力の欠如によって 離婚し、
記憶力の欠如によって 再婚する。

おーーっ。
これほんとそのままズバリな感じですよね!!
ますかけは
「忍耐力の欠如によって…」 で、
正解がわかりました。

人間って、
同じことを繰り返しますよね?
例えば何度男に騙されても、
また騙されてしまったりする…
まわりの人から
「この間もそうだったでしょ?!」
そう言われても、
「今回は違うの、この人は違うのよっ!」
って、同じことを繰り返す。
ダメ男好きな人の行動パターンですが…
まさにこの劇作家が言葉にした通りです。

ますかけは思うのですが、
この3行の中で
最も注目すべきは3行目、

記憶力の欠如によって 再婚する。』

です!

記憶力の欠如、
すなわち経験を忘れてしまうから
その体験から学んだ事が活かせずに
再婚(結婚)する、
つまり、
1行目の
『判断力の欠如によって 結婚し』
に戻ってしまい、
堂々巡りになってしまうのです。

そもそもですが、
判断力が欠如していたから
ほいさっさと結婚してしまう、 のではなく、
十分に考え、判断して結婚したのなら、
2行目の
忍耐力の欠如によって 離婚し』 は、
ありえないものではないのか?
そう思いませんか??!
だって、ちゃんと深く考えたのなら、
考えた上での適切な判断だったのなら、
「忍耐」が必要な状況に
追い込まれる事だって最小限なハズなんだから。。。

 

私たちは、
自分が経験した事以外を
本当の意味で知る事は不可能です。
また、全く同じ出来事を経験したとしても、
その解釈や受取方は、
本人の性格やこれまでの経験によって
全く違うモノになります。

だから、
自分の経験は、
とても大切な自分の財産なんです!
この限りある人生の中で
ありとあらゆるもの全てを
経験する事なんて不可能、
そのわずかな人生の一時で
経験した情報は価値のあるモノです。

どんなに素晴らしい本を読んで
勉強になったと思っても、
どれ程優れた人からその方の
人生経験を語られたとしても、
それらはそれをつづる人の性格と頭で
とらえて判断したものです。
自分が同じモノを、
自分で見て、自分で聞いて
本当にどう感じるかのかは、
やっぱりわからないのです。

だ、か、ら、
自分が経験して思った事や感じた事は、
とっても大事だと思うんです。

他人の話や意見が
役に立たないって言ってるんじゃーないですよ。

経験に勝るものはない
そういう事です。

恋愛に傷ついた人に
「早く忘れちゃいな」
そう友達が慰めるシーンってあるでしょ?
ますかけはあのセリフを
自分に対しても人に対してもつかいません。

どんな事があったにしても、
その人を本気で大好きだとおもった事実があり、
そんなにも好きだとおもったから
深い傷をおったのだとしたら、
なんで忘れなくちゃいけないの?

そんな好きだったなら
ハッキリ言って忘れようと思って
忘れられるわけもない。
それを自分で整理できる心境になるか、
それ以上に好きになる人が
出てくるかしない限り、
どの道本当の意味で忘れる事なんてなく、
幸せになんてなれないでしょ?

馬鹿な男に騙されて泣きっ面な人もそう。
忘れる必要ない、
むしろ忘れないで!
それがあなたの大事な経験だから!
同じ道を選ばない様に、
同じ道に誘い込まれないように、
同じ道へ迷い込まないように、
覚えておかないといけない、
ますかけはそう思うんです!

他人事で言ってるように
聞えるかもしんないけどね、
辛い出来事というのは
自分に必要なくなった時に
自然と忘れていくものだと思います。
何故そう思うのか?
ますかけがそうだからです。

ますかけはイヤな事を
忘れる努力というのは一切しません。
だって、
同じ事があったらイヤだから。
同じ事はしないようにしたいから。
だから今でも夢でうなされたり、
気分が悪くなって吐き気がする、
そんな場面もあります。
でも思い出す事の辛さより、
もう一度起こる事の方がイヤだから、
それはでっかなリュックに入れて
いつもズルズル持ち歩いているような感じです。
たまにそのリュックから
「ボテッ」
と音を立てて落ちるから
拾い上げて思い出すハメになったり、
重いからゼェゼェ息切れしたりする。

でもその変わり、
人生の中で誰かに出会ったり、
何かを手にしたりして、
少し幸せになれた時 ふと気付くと
リュックが軽くなってたりする。
そう、
記憶からかってに、抜け落ちて
忘れ去られてたりするのです。

これをますかけは、
自分が必要じゃなくなかった経験だから、
もうこの先持って歩かなくても
道の選択を間違える事はなくなったから
消えちゃったんだと思っています。

 

思い出して怖い事もある。
涙が出る時だってある。
でもその経験におびえないでほしい。
それも自分の軌跡だし、
それを経てここに自分がちゃんといる。

人生の経験を活かして、
この先の自分の幸せを
考えていこうじゃありませんか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>