051 鹿児島さつま町のスパイス『ひらめき』

日本で一番うまい!そして辛いっっ!!(byますかけ)

おなじみの一味や七味。
辛いモノ好きには必須アイテム。
勿論これらもうまいけど、
香辛料好きなら死ぬまでに食べるべきがこの、
『ひらめき』 なのだっ!!

それでは『ひらめき』の説明会をはじめます。

まずお顔は…
051-001こちらでございます。
写真などまったく興味のない
ますかけの撮った画像。
しかも食べかけで量が減ってる!
色々美味しさが感じられずすみません。。。

下の黒い帯のようなモノは
ますかけが撮影時に巻きつけました。
製造者様の個人名と電話番号が載っていたので
一応配慮しました。

そして中身はこんな感じ
051-002
これもホント写真下手クソ…
でも写真技術にかまけている時間がないのっ!
許してください。。

 

ますかけは『ひらめき』を、
いつから食べているか覚えていない…
気が付けば当たり前のように食べているのだっ!

でもこちらには売ってないと認識しているので
鹿児島に行く度に必ず買って帰る。
自分食の分とお土産様に
どっさりジャラジャラ
(ガラス瓶がぶつかりジャラる)
買ってこちらへもどってくる。

辛いモノが好きな人には
必ずと言っていい程プレゼントするが
評判もかなりイイ!
(まぁ常識ある人は普通美味しかったと言うが)

差し上げた人の中には
「また行ったらアレを買ってきてほしい」
「お金を払うから詰替え用がほしい」
などと申告してくれる方もいます。
嬉しいなぁ。

ますかけ土産リピーターの中には
何度教えても
「きらめきまた買ってきて」
というヤカラも…
「だってさ、きらきらするほどうまいじゃん!」
って、
だから 「ひらめき」なんだってばっ!…

 

 

詳細説明ですが、
パッケージシール上部には、

「21世紀手作り香辛料さつま町特産第1号」

とあります。
これはさつま町内の人が集まって作る
手作り特産品なんですね。
ガンバレさつま町!

商品名 「ひらめき」
原材料 「(国産)ミカン、タカノツメ、ゴマ」

以前は原材料に 「小ミカン」と書いてあり、
血族間では 「小ミカンスパイス」と呼んでいたのだが
なぜ「小」が無くなったんだ??

小ミカンと言えば正月の鏡餅にのっけるアレ。
鹿児島は名産地ですが
厳密には「桜島小みかん」らしいので、
その関係で表示できなくなったのかな?
まぁーますかけの憶測ですけどね。。。

ミカンの皮が主な原料なのですが、
「甘い果実の皮」なんてあなどってもらっては困るっ!

これが結構な辛さなのだっっ!!

撮影用にお皿にとったひらめきが
隣で食欲をそそる香りを放っている…
(豚汁、もしくはネギマ串食べたい…)
爽やかな辛い香りがしますが
ミカンの香りは正直ない。

ちなみに、
「保存方法 直射日光を避け常温で保存」
とありますが、
確かに日があたるとこに置いておくと
色が飛んで白っぽくなり
香りも弱くなります。

それを避ける為にますかけは
常温室内ではなく日が絶対あたらない
冷蔵庫に入れていますが、
色も香りもあせたと感じる事はないですよ。
カンなだけに「カンッ!!」と、
鼻を抜けるような
爽やかで突き抜けるような辛さがあります。
これがクセになるのだ。
(そして結構辛い)

 

ますかけは辛いモノが好きなので
あれこれと味見をしていますが、
ひらめきに似たモノは今のとこないなぁ。

鹿児島からココまで車で帰宅途中
かの有名なレモン産地などで売れられている
類似品なども買ってきたが、
それはそれで美味しいけど
ひらめきとは味も辛さも全く違う。

うどんやそばをはじめ、
焼き鳥やトン汁やみそ汁、
パスタやカレーや丼ぶり物など
なんに入れてもとにかくうまい!
是非何でもかけまくってみてほしい!!

そして行き着くのはひらめきなくしては
その料理自体が
美味しいと感じないまでになってしまう境地なのだ!

 

毎度鹿児島に行く度に
「ひらめきをこっちで売りたいなぁ…」
そうもくろんでいるますかけ…

そのうちますかけサイト内で
「ますかけのイイモノ」 を
販売できるようにしたいなぁー。

美味しいモノは至福の時を運んでくれる。
うまくて辛いモノ食べて、
イヤな事なんてふっとばしてしまいましょう!

~おまけ~

ネットで調べると

山形屋 楽天市場店
(「がた」じゃなく、「かた」ね。やまかたやね。
鹿児島は天文館の百貨店です。)

つるだ特産品販売所 自慢館
(住所改定前は鶴田町だったのね)

で、取り扱っているようです。

興味のある方ぜひどうぞ!
先生、今度詰替徳用袋買ってきます!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>