05、浮気

■浮気

浮気!
いつの世も消え去らないこの行為…
ますかけは幼い頃からコレについて色々考えていました…
(火曜サスペンスとか土曜ワイド劇場とか家政婦は見たとか…幼いながらギョッとしていました…))
今回自論に加え改めてちょいと勉強してみました。
一緒に 「浮気に」 について真面目に考えてみましょう!

◆世間の浮気って?

ますかけとしては世間の基準・標準は関係ないと思っているのですが、今回は世の中の浮気に苦しむ方はどんな事に悩んでいるのか、どんな現状なのかを一応知っておこうという事で色々調べてみました。
書籍・ネットなど沢山読み物はありますが…
どーなんでしょうねこれ?
まー読むだけじゃ何も解決しないので、読んだ人がどれだけ考えるかで書籍やネットの価値は変わってくると思いますが…
と、思っている中、誰にでも共通して考えられるような面白い視点で書かれている本を発見!
筆者は 「~夫婦の修復師~ 鈴木あけみ」 さん。
本の内容をそのまま貼り付けるわけにはいかないので、ちょっとだけ抜粋してみました!

まず、夫の浮気の場合
「夫の浮気の原因はほぼ100%妻にある」
というのが、彼女がこれまで相当な数の相談を受ける中で得た答えだそうです。
そして、 「自分の夫は浮気なんてできない」 という考えは大きな勘違いであり、世間には夫と浮気する6タイプの女性がうようよしているのだとか! それが、

1.シングルマザー
2.未婚のアラフォー
3.20代のカワイイ部下
4.風俗嬢
5.もとカノ
6.ママ友

だ、そーです。
どこにでもゴロゴロ転がっているタイプばかり!
怖いですね~っ!
これらのタイプはそれなりに理由があって浮気相手となるわけですが、詳細を私がここでしゃべり散らかすわけにはいかないので、もっと詳しく知りたい方は 「著者:鈴木あけみ 夫が浮気しなくなる魔法のほめ言葉」 を読んでみてください。

はい、ではもう一度大事な事をおさらいです。
浮気は、
・こちらにも原因があるからされる行為
・相手が浮気できないというのは大きな勘違い
・浮気の相手になる人物もそこらへんにゴロゴロころがっている という事です。

同感!  浮気は相手だけの責任じゃないよね!
で、まさかと思ってた人が浮気してるなんてむしろ普通の事です。
「あいつもろやりそう」 でしてるパターンの方がむしろ少ない!
現実は想像よりも奇なり! です。。

◆「あの人に限って…」 なんておとぎ話です!

浮気というのは、本命(だろう相手)の人がいるのによそでフラフラしているからこそ 「浮気」 なわけで、わざわざ浮気をバレるように行動する不思議ちゃんはそうはいないでしょう。
現状を維持したまま浮気できるように、皆さんできる限りの知恵を絞って毎日必死に闘っているのです!
となると、浮気された相手はなかなか気づかないという事。
今現在相手が浮気してたって、あなたにそんなそぶりは全力で見せないようにしているのだから気づくハズがない。

よく耳にするフレーズに、
「あの人が浮気なんてできるハズがない」
「そんな事できる時間もお金もない」
「あんな人好きになるような人いない」
なんてのがありますが…
こんなの全てあなたが考えているだけのおとぎ話です!

浮気のチャンスなんて自動販売機より沢山そのへんに転がっています。
時間がないと思っているのはあなたが相手のタイムスケジュールを正確に把握してないだけ、お金がないと思っても浮気相手がだしてれば問題なし、あんな人好きになる人なんていないと思っても一度はあなただって見惚れて一緒になった相手なんです!
「ありえない」 なんて事はそれこそ 「ありえない!」。

それはあなただって同じです。
「恋はハリケーン!」 天災みたいなもの予期できず突然降って湧いてくるのです。
恋は… いつからだっていくつになったってつきまとう、トキメキでもあり問題でもあるのです!

相手を疑いながら過ごすのは健全ではありませんが、石橋を叩いて渡るくらいの 「危険回避思考」はあってもよいのではないでしょうか?

◆敵は身近にいるかも?!

最近の浮気でよく聞くのが、知合いや近所の人と寝ンゴロの仲になるという危ない実態!
毎日の仕事や生活に追われていると新し交流の場に顔を出すなんてなかなか無い。
そんな現状だから、「しかたねー!」 と身近な存在と急接近したりしちゃうのです!

これには出会いの機会がないという事実に加え、大きな枠で時間をとらなくても近所だとササッ会えるというメリットがあり、実例としては自治会や子ども会など地域のコミュニティーで仲良くなって怪しまれる事もなく堂々と夜外出するなんてパターンもあります。
ママさんバレーのコーチを引き受けてるとか、子どものサッカーを教えてるとか、こーいうのやる人ってもちろん自分が得意だから引き受けるのでしょうから、教えてる姿も様になりそりゃカッコイイ!(のでしょう、多分。。)
自分の旦那様が目をつけられていたり、あるいは自分がそのコーチにホの字になっちゃったりなんて事は十分考えられます。

また、浮気相手を自分のパートナーに紹介したり、 「最近こんな人が周りにいてね~」 なんてわざわざ話題にするパターンも多いです。
これは 「灯台下暗し」 的な防御なのでしょう。
あえて紹介したり話したりすることで
「疑わしい事は何もない!」
と、先に宣言して
「マサカアリエナイ」
と暗示をかけるのです。

「最近あの人に仲の良い異性の友達がいるのねー」
なんてのん気にかまえていたら、必要以上に仲良くなっているかもしれませんよ!?

上記でも述べましたが、
「ありえない」 なんて 「ありえない!」 のです!

何でもかんでも疑えという意味ではありませんが、「信じられる人」 と勝手に思い込んで過ごすのは危険です!
マンガであるような
「親友に彼を寝取られた」
なんて事実はそこらへんにゴロンゴロンある話です。

自論ですが、20歳以降の出会いで完全な男女関係抜きの異性友達というのは難しいとますかけは思っています。
20歳まで生きてきて酸いも甘いもそれなりに経験してきたら、ただただ純粋に楽しい友達になるというのは異性同性問わず難しいものです。
同性の知人だって、自分にとって有害じゃないか、相手がどんな人物か、悲しいけど考えちゃう。
それが異性ともなれば、やっぱり顔が好みとか、体形が好きだとか、もしかしたらやれちゃうんじゃないかとか、そんなゲスな考えが何もないなんてウソだーっ! と、ますかけは思うのです。

「美しさの秘訣はいつも恋している事」
なんて、よくTVで話している女優さんとかいません?
確かにそうかもしれないけど、自分の相手に誰かが恋してたらちょっとヤだよね?!
目を付けられる程素敵なお相手である事は喜ばしい事ですが、そんな素敵な方だったら放任しないで大事にしてあげてくださいね。
虫に喰われたら 「傷物」 になって商品価値は下がりますから。。。

◆なぜ浮気をするのか?

浮気には大きく2タイプあります。
1つは肉体的満足を求めるから。
もう1つは精神的満足を求めるから。

1つ目は簡単な理由ですね。
肉体的満足を求める性欲は、人間三大欲求の1つです。
それを追い求めて機会さえあれば入れたり出したりする…
かなしい程解り易い。
理性の無い THE動物 というタイプの人はこの辺の欲求に、良い悪いは別にしても素直なんですね~。

そしてもう1つは精神的満足を求めての浮気。
これは非常にやっかいです!
肉体的な満足感というのは、浮気したとしてもカラダの関係ですから心情はひっかからないし、快感を得るだけだったら自分で処理したり様々なサービスを展開する風俗店で消化する事もできるわけです。
相手もプロ(お金の為に仕事している)ですからビジネスとして割り切った関係でしょう。
でも精神的な隙間を埋める為の浮気というのは発見したら覚悟が必要!
どこまで隙間ができていて、どこまで浮気相手がその隙間を埋めてしまっているかで復活できるかおじゃんになるかが決まります。
精神的に満たされていない部分は目にみえないので確認できない。
あなたがちゃんとかまってあげていない間にティッシュが水を吸い込むように相手の心は沈んでいき、十分に水を吸い込んで繊維が壊れて小さな穴が開き、気が付いた時には修復できないくらいバラバラになってしまうのです。

精神的なさみしさを埋める為に浮気する理由は、上記でも挙げているように 「相手に原因があるから」 が主な理由です。
いつもしいたげられていて自分の存在理由がわからなくなってしまった時、自分を求めてくれる場所があったらとっぷり浸かってしまいたいと思うのは普通でしょう?!
大抵相手に浮気されると 「私はちゃんとしていた」 と主張するものですが、ちょっとまってください!
あなたがちゃんとしていようがしていまいが、それを判断して決めるのは 「相手」 なのです!
大事にされているかされていないか判断するのは相手、自分の居場所が心地よいと感じるか感じないかは相手のサジ加減なのです!
そうなると、こちら側が相当相手を思いやり、相手の立場に立って考えてあげていないと小さな隙間風なんてものはいくらでも吹きすさぶものです。

「しあわせは いつもじぶんの こころがきめる」
この通りですね。
相手の幸せは、相手だけが決められるものなのです。

相手が大切にされていると感じていないなら、あなたが相手を大切にしている気持ちは無意味に等しい。
逆に大切にしていなかろーがあなた側が浮気していよーが、相手が 「大切にされている」 と感じれば、相手側は精神的浮気の心配はないでしょう。
とにかく、相手の事を好きかどーか、本当に大切かどーかは別としても、浮気されたくなかったら、平穏に今の生活を守りたいのなら、相手の事を大切にしてあげてください。
ずるい考え方かもしれませんが 「大切にされている」 と実感するだけで、人は人を裏切れないものです。

だからこそ逆に、相手が自分を絵空事のように大切しているとしたら、たまに何か 「ん?」 と思うタイミングがあった時は疑ってみてください。
実は裏で自分勝手な事をしているのを隠すため、巧妙にあなたを優しさで包んでいるのかもしれませんよ?! 

◆人間は、良くも悪くも 「なれる」 生物!

人間って、ものすごーい適応能力のある生物なんですよ!
もちろん知っていますよね?…

新入社員は3ヵ月もすれば使いものになるようになり、1年すればまー大丈夫、2年も経てば他とそう遜色なく仕事ができるようになります。
こういう例っていくらでもありますよね?
じゃーちょっと目先を変えて他の例を考えてみると、付き合い初めの頃は待ち合わせ場所で顔合わすだけでドキドキしていたのに、会を重ねる毎にそんな気持ちどっかに消え失せて、しまいには一緒に住んでて帰ってこなくてもいいやなんてことに…
悲しいけど人間ってそんな事にもなれてしまいます。

初めはごはん作ってもらったり洗濯してくれたりも嬉しくて、感謝を込めて 「ごちそうさま」 「ありがとう」 なんて言ってたのにそのうち何も言わないで食べる様になって、自分が着ようと思った服がないと 「まだ洗ってないの?!」 なんて言ったりする様になるわけです。
ますかけはこーいうのが大嫌いです。。

なれてきたって相手に対してのマナーに似た常識はつねに持ち合わせているべきです。
「ありがとう」 「ごめんなさい」 なんて言えるのは当たり前。
なれ親しい中だから言わないでもわかるだろうなんてもっての他です!
って、えらそーに述べていますが、相手に要求するならこちらもちゃんとできないと、ダメですよね?

これに関しちゃ、こっちが気遣ってるのに相手は気を遣わないとかなんとか水掛け論するような事じゃないんです。
自分の中の常識を守り抜き、相手にしてほしい事は自分もする、ただそれだけです。 それこそ当たり前。
相手がしないからこっちもしない、相手に要求しないからこっちにも要求しないでなんて言ってたらいずれ崩壊します。
実は知らず知らず自分だって、相手がやって当たり前、私はこんな頑張ってるんだからそうしてくれて当たり前となっている部分ってあるんじゃない?
是非一度考えてみてください。

また、 「なれる」 はジャンルを問わずたくさんあります。
例えばケンカにしたって同じ事繰り返しているとなれてきて、はじめは真剣に悩み考えていたけどそのうち 「またか」 という感覚になって真面目に向き合わず感情をぶつけるだけで話し合いにならなくなります。
「浮気」 にしたって同じこと。
あなたが相手をちゃんとメンテナンスしないでほったらかしにしている間に、相手は自分の裏生活(浮気)の状況変化になれてきます。
初めは 「悪い事しているな」 「見つかったらどーしよう!」 なんて思っていた気持ちも、日が経つ毎に要領を得てなれていき、いつしかその二重生活が当たり前になって器用にこなすよになります。
ヘタすりゃ 「早くみつけてくれ」 なんて開き直って新しい人生の再出発を夢見るかも?!

人間はあらゆることに適応しなれていく生物です。
コノ広いせかいで、今そばにいるソノ相手と一緒にいる事はある意味キセキでしょ?
あなたが初めに持っていた気持ちをもう一度思い出してみてください。
なれ親しんで相手への気遣いを忘れてしまわないで。
あなたという人間のレベルを下げないで!

◆どこから浮気?

「浮気」 って、どこからが浮気なんでしょうか?
他の相手とやっちまったってゴムつけてたら浮気じゃない! と言い張る人がいる世の中、基準なんて人それぞれですよねー。
これは本当に基準の難しい話です。

浮気については
「カラダの浮気(肉体的満足)」 と
「ココロの浮気(精神的満足)」 の2つがあると前述しましたが、人によってどっちも許せないとか、どっちかなら許せるとか色々あるようです。

これホント難しいお題でして、何が正しいとか間違っているとかもないのでますかけの自論を展開しますが…
例えばますかけ自身が浮気する立場だった場合、カラダかココロかどっちかならあまり大した問題に感じません。
(↑いや、問題はあるよ、あるけど救いようがない話ではないと…)

カラダだけだったら気持ちがないので事が終わったら何も残りません。
ココロだけだったら実態がないので誰も傷つける事もなく、誰にとがめられる必要もありません。
ただ、順番はどっちが先かは関係なくこの2つが合体してしまうと、えらい大変な事になるのは容易にわかります。

カラダの関係としては、ヤルという最終行為をぬかして考えても、手を握るとかキスをするとかカラダに触れるとかは、部下や会社の同僚、仕事の関係者や飲み屋のねーちゃんや近所の人などと展開している方もますかけ調査ではけっこういます。
じゃー何が浮気の基準かって、単純に
「自分が浮気と思ったら」
「相手が浮気と感じたら」
とう事になります。

一応辞書も引いてみましたが、
浮気とは、、

① 一つのことに集中できず心が変わりやすいこと。また、そのさま。移り気。
② 異性に心をひかれやすいこと。また、そのさま。多情。
③ 配偶者・婚約者などがありながら、他の異性に気がひかれ、関係をもつこと。
④ 心が浮ついて、思慮に欠けること。また、そのさま。
⑤ 浮かれて陽気になるさま。また、そうなりやすい気質。
(by goo辞書)
とありますね~。

これを読む限り、肉体関係はなくとも心がフラッとどこかに向けば浮気のようです。
こりゃかなりの人が該当しそうですね…
先日TVで芸人の 「浜田雅功」 さんが浮気報道されていましたが、奥様の 「小川菜摘」 さんはすごいですね!
浜ちゃんの3年にも渡る関係って…
そりゃ完全に浮気! 不倫でしょ!
それを 「芸の肥やしだから」、そう言ってのけてしまう…
彼女は記者に、 「ごめんなさい、遊びじゃないですか?」 と発言していることから、 「カラダの浮気」 と解釈しようとしているのがわかりますが、心中穏やかじゃないとしても、この報道で彼女は浮気されちゃったかわいそうな妻ではなく、 「すごい良妻」 というタイトルを得たわけです。
どこからが浮気か? なんてますかけの様に考えるなんてちーさいって事ですかね?

完全な浮気ですら
「いや、そんなん浮ついた気持ちでやる遊びなだけですから」
と言える位の器があれば、どーでもいい事なのかもしれません。。
でもますかけの相手も皆様のお相手も 「浜田雅功」さん程の大物ではありませんよね?
なのでこの例はちょっと逸脱した話だったかもしれませんが、何にせよ浮気する場合は理由があるからそーなるわけです。
相手がなんで浮気したいのか、そこまでしてしまったのかの理由にあなたは無関係ではありませんから考える必要があります。

◆「カラダの浮気(肉体的満足)」

上記で
「カラダだけだったら気持ちがないので事が終わったら何も残りません。」
と記述しましたが… 実はそうでもない場合もあるのです!

性的欲求は人間三大欲求の1つです。
わかりやすく食欲にあてはめて考えてみれば…
すっごく美味しかったものって覚えていて、また食べたいなっておもいますよね?
単純にこれと同じです。

信じがたい程の絶頂、満足感を味わってしまったなら、その経験は単純には諦められません。
浮気相手と得たその快感を切り捨てるのは容易でないという事です。

皆様はホステス殺人事件をご存知ですか?
時効1ヵ月を切った時点で逮捕された事件です。
犯人の女性はそりゃ長い期間逃亡を続けたわけですが、それを可能にするには誰かの手助け無しには無理だったでしょう。
そしてそれを手助けしたのが何人かの恋人達です。
逃亡期間中、恋人それぞれが 「もしかしたら犯人じゃ…」 と彼女に疑惑、もしくは確信をもっていたそうです。
でも、彼女を引き渡す事ができなかった。 それは彼女が
「ものすごい床上手だった」
と性交の快楽度を理由に挙げています。
相手は殺人者、犯罪者ですよ!?
それでも手放したくないと理性や道徳すら関係なくなるこの快感…
時として性的快楽は麻薬の様な作用をもたらすのです!
そこまでの快楽ってどんなものよ? と、ちょいとうらやましく思ったりもしますが、これにとっぷり浸かってしまったらと想像すると恐ろしくも思います。

こんな経験をあなたのお相手が浮気相手としていたらそりゃもう大変!
カラダだココロだなんて言ってられる事態じゃない!
根こそぎ浮気相手のトリコになってしまいます!

でも! まてよと、逆に考えてみてください。
相手があなたとの行為にこう感じる事ができたら…
もう無敵ってなもんですよね?!
胃袋じゃなくアソコをつかんで離さない力の方が依存性が高い!
(美味しいものなんて世の中いくらでもあり堂々と食べる事ができますが、アレに関しちゃそうはいきませんからめぐり合わせでベストパートナーに出会えたならラッキーを超えるキセキです)
相手がこんな経験をしてしまう前に、あなたが前向きに取り組んで、是非今を超える快楽を開拓してください!

◆「ココロの浮気(精神的満足)」

これは俗に言う 「プラトニックラブ」 ですね。
プラトニックとは、肉体的欲求を求めない、または肉体的関係がなく相手を好きだという事です。

ココロの浮気は大きく分けて、勝手にこちらが一方的に好きな場合と、相手がこちらの好意を知っていて相手もこちらに好意がある両想いの場合があります。
肉体的関係がないなら既成事実がないので特に問題ないように思いますが、この2パターンのどっちだろうとそのレベルによっては肉体関係以上に収集がつかなくなる場合もがあります!

まず、プラトニックの場合その対象となる相手は 「キラキラ」 しています。
これは肉体関係を持たずつながりが未熟(全てを知らない)なので、自分の中で想像する相手像しかない中、現実と理想と空想が混ざり合って自分に都合良く考え感じ取る事が多いから結果相手が 「キラキラ」 して見えるという事です。
上辺を気持ち良く滑っているだけで、氷1枚挟んだその下に落ちたら死んじゃう程冷たい水があるなんて気づきもしないというわけです。

人間自分の調子が良い時はまわりに優しく振る舞えるもの。
大事なのは自分が不調の時、どうできるかです。
例えば体調の悪い時や仕事が尋常を超える忙しさの時、またそのお相手自身に何か余裕がなくなるような事態が起きた時でもあなたに優しくできる人だったら、即座に自分の名前を書いてキープしておいた方がいいです!
自分の事なんか差し置いて、こちらの事をいの一番に考えてくれる、そんな人めったにいませんから!

で、何が言いたいかというと、プラトニックの場合は相手の深い部分を判断できる状況になかなか出くわさないので相手に幻滅する機会も少なく 「キラキラ」 なままになりやすいという事を理解してほしーのです。
例えばですが、肉体関係を持つだけで、相手の体形を見て知って、相手の気遣いをやって知って(自分だけ先にイッちゃわずこちらを気持ちよくさせてくれよーと努力してくれるとかね)事が終わった後にどう豹変するかなど得られる情報は多いわけです。
プラトニックを長く続けていざやってみたら
「あれれ!? こんな感じじゃないハズだった!!」
なんて事も珍しくないと思います。

肉体関係を伴う交際が始まったり夫婦関係になる(婚姻届けを出し法的に定義される)と、
「話さなくてよかった話」
「見なくて済んでいた部分」
が沢山でてきます。

連絡が取れなくて気を病むとか、住宅購入や子づくりについて意見が衝突するとか、なれてきたら好きとかありがとうとか言わなくなったとか、付き合ってるだけならしないで済んだ役所的・経済的な話も多く、今後の人生を左右するから意見もガツンとぶつかったりする。。。
しかしこんなドロッと生活染みた話は、付き合ってるだけなら、プラトニックでキラキラしているだけなら、しないで済む話なのです。
汚い部分なんてさわる必要もなく楽しい部分だけ味わっていられるんですから、そりゃ相手が 「王子様」 や 「お姫様」 にもみえますわねぇ…

この世の中にドラマの様な出会いを経て、絵にかいた様な生活を送り、誰もがうらやむ老後を迎える人達がもいるのは事実でしょう。
そして、 「この人なら一緒にこんな風になれるかも!」 と思わせてしまうのがココロの浮気なのです。
あなたの相手がココロの浮気をしているとしたら、それはあなたでは埋められない部分をその浮気相手が埋められるから拠り所にしていると思ってまず間違いないです。
そしてそちらに向いてしまったココロをこちらに引き戻すのは容易ではありません。
なんせ 「キラキラ」 してますから!
現実を生きる中面倒臭い事をさけて通れないあなたがその浮気相手より 「キラキラ」 するには多大な努力が必要です。
相手のキラキラ度が増して手遅れになる前に自分を見つめなおし、あなたという人物が相手にとってどんな風に見えているか考え、自分が本当に何を望んでいてどうしたいのか明確にし、きちっと相手と向き合ってみてください。

◆「浮気」 が 「本気(マジ)」 になるとき

カラダの浮気とココロの浮気がくっついたら要注意!
もともとお互いある程度興味があったり好きじゃないとカラダを触ったりなんかできませんよね?
カラダも好き、ココロも好きなんてなっちゃって、その人を自分のものにしたいなんて思いはじめて 「愛」 なんてワードが横切りはじめたらその勢いはなかなか止められるものではありません!
カラダの浮気からはじまったとしても、最高の快楽を共にするれば特別な感情は生まれるし、ココロの浮気からはじまったなら、カラダの関係を持ちたいと考えるのはある意味自然な事です。

浮気とお遊びの上級者のある男性Gさんにうかがった話だと、相手が自分をどれだけ必要としているか、要求してくるかで燃えるらしいです。
必要とされてる感が感情を高ぶらせると。
欲すれば欲する程燃えるなんて… 怖っ!
浮気相手の感情をこちらではコントロールできませんからねぇ…
あなたの相手が、自分にみせない表情をしたり、自分には言わない言葉をかけているなんて想像するだけでも腹立たしいのに、それが事実あったとしたら、、もうどうしたらいいのかわからない程動揺すると思います。
本気で求めてくる相手は、とても愛おしく、性行為だってそりゃ燃える。
浮気中という制限のある付き合いは言わば、付き合い初めの初々しい関係が続くと同じ事。
楽しくないわけがないし、浮気相手が魅力的であり続けられる条件がそろっているのです。
(もともと会う時間が制限されていていつも新鮮味があるし、生活染みた話もする立場ではないから)

「本命」 としてお付き合いしていれば、やれ連絡よこさないのが気に入らないとか、いつ結婚するのかとか、既婚者なら家の事もやってくれとか私だって疲れてるとか、子どもいるならイライラして八つ当たりしちゃたり性交のタイミングもなかったり…
そんなこちらとは違って浮気相手は
「時間をとってくれてありがとう」
「私の料理を食べてくれて嬉しい」
「たまには私の事も思い出してね」
なんて気遣いのある可愛らしいセリフを微笑みながら浴びせてくる。

「本命」 の立場にいる女性の自分本意な態度とは全く違う浮気相手…
そりゃコロっともいきますって。

ますかけの周りにも浮気(もしくは不倫)経験者は沢山います。
程度は色々あるとしても、これ自体は特に珍しい事でもないでしょう。
浮気している最中は文字通り 「浮ついた気持ち」 であり楽しい真っ最中なので、 「本気で好き」 なんて思いがちですが果して本当にそうなのか?
現実逃避して、楽な場所で休息しているだけなんじゃないのか?!…

ただ言えるだろうことは、浮気道を突っ走っている最中の本人達は、そう思っている場合が多いという事です。

◆浮気してたら!

「もしかして浮気してんじゃない?」
なんて思って相手の行動をみてみると、どれもこれも疑わしく思えてきませんか?
今の世の中チャンスも手段も自動販売機より多い。
「これ絶対浮気だ!」
そう思ってもちょっと待って!!
唐突に切り出してはいけません!!
感情的になってぐわっと言ったところで何もいい事はありません!
最悪相手が逆ギレして5分後には 「別れよう」 なんてなっちゃうかも!?
頭にファーッっと血が上ると難しいかもしれませんが、一度グッと飲み込んでください。
たった一度 「?」 と思う事があっただけで行動に出てはいけません!

このような疑惑が湧いた場合、まずその場(そう考えること)から一度離れて、相手が本当に浮気をしていたら別れるのか別れないか決めてください。
浮気はどこからを浮気ととらえるか人によって違うところですが、自分が 「浮気」 と判断したら、許せるか許せないかじゃない。
別れるか別れないかです。

浮気発覚後の考え方は諸説色々ありますが、ますかけは結果別れる・別れないのどちらかだと思っています。
許せる・許せないなんて選択する必要なし!
こんな事考えるのナンセンスだわっ!
だって、許せないでしょ?! どー考えても。
あるとしたら、相手を
「ユルシテアゲル」 ではなく、
「現実を受けとめて、それを抱えながら生きて行けるかどうか」 だけです。
許す必要なんてないない(+ない×25回)!

相手が不貞行為(←自分がそう感じたらそう)で裏切った場合、相手にどんな理由があろうとまず大事なのは、自分です!
あなたが、浮気されても、まだ相手の事が好きで一緒にいたいのか、それともそんな事するヤツいらん! と思うかどうかです!
……アレ? ちょっとますかけ興奮しましてザクザク自論を展開してしまいましたが…

「自分と相手」 の関係には色々なものが絡まりついています。
例えばお金だ仕事だ子どもだ親だ… 自分の相手に対する気持や損得勘定を含め、その人と一緒にいたいと思ったら別れなきゃいいし、もうどーしても何しても一緒にいられないと思ったら離れればいいわけです。
無理して一緒にいてもいい事は何もないし、負の関係は周りにも悪影響を与えますから。

で、どちらを選択するとしてもとりあえず落ち着いてください。
そして疑っている事や気付いた事を相手に感じ取られないでください。
それを察知されると相手は隠そうと色々細工してきます。
そうすると情報収集が困難になるからです。

例えば、勝手に人の携帯をみちゃう行為が横行していますが、 「ゲッ!」 と思う内容を見つけてもその場で問いたださないでください。
その内容や画面に表示されている相手の情報をメモするとか写真に撮るなどして、それ以上話を切り出すなどはしないでください。
(削除された時の為に写真などで保存するのも○。撮った日にちも確認できるし正確だしで一石二鳥?!)
そして浮気(しているだろう)相手とのやり取りをしばらく観察しましょう。
一見しただけでは誤解もあるかもしれないし(あなたの見た情報が誤解で責め立てた場合はあなたの株がストップ安まで下落する危険があります!)、あなたが思っている以上か以下か関係の深さがわからないからです。
その観察を少なくとも1ヵ月は続けた方がいいです。
1ヵ月あれば浮気や不倫のパターンはほぼ一周すると思いますので。

そしてその間に、あなたにとっての相手の存在価値を考えてください。
自分の中に今ある感情は憎しみやくやしさが強いのか、裏切られた悲しみや嫉妬が強いのか、それとも現状(例えば相手が超一流企業にいるとかね)を手放したくないのか… 等々、色々な思いが駆け巡ると思います。
その結果、別れると思ったなら、数々の証拠を見せて示談なり裁判なりで決着をつけましょう。
自分がある程度情報を持っていた場合、探偵事務所や興信所に頼む際も名指しで調査してもらって動かぬ証拠を押さえてもらうのも闇雲にお願いするよりいいでしょう。
(当たりがあるのとないのじゃ調査にかかる時間が違うので値段も違うでしょう。毎週同じ曜日に会ってるならその日だけ写真撮ってくれと交渉するとかね)

そしてもし、別れたくないと思った場合…
何でその浮気相手なのか、浮気という行為に走ったのか、自分との間にどんな問題があったのか考えてみましょう。

別れるのは簡単ですが、浮気があった2人の間柄で、関係を再開しようとすれば相当な努力・辛労を伴います。
そして、別項でも述べましたが一度あったことは二度あります…
浮気をする人はまた同じ事を繰り返すと思うべきです。

ですが、これは状況が同じ時にあてはまる事だと思います。
浮気したのは現状に問題があったからだったとしたら、状況が改善されていれば同じ土俵じゃないという事です。
た、だ、し、、、この 「状況を変える」 がもんのすごい大変!
自分は裏切られた立場なのに、自分に悪いところがなかったか自らをみつめなおし、相手がどーしてそうしたのかも親身になって考え、傷ついて悲しい自分の心を押し殺しながら相手に気を遣わなきゃいけない。
でもってなおかつ今まで以上に楽しい関係を築こうとするって…
もう想像すると 「いーや♪」 と投げ出したくなるくらい大変な事です。

で、も、、、あなたが本当に相手を手放したくないなら、お人好しのあなたが自分にも悪いところがあったと思うなら、人格が入れ替わって女優になった位の勢いで 「現状の改革」 を行ってください。
手中にある時はその重要性に気づかず、無くした時に初めてわかるなんて良くある話。
相手に浮気されて自分自身を反省する部分も少なからずあると思います。
まー、やり直そうと思った場合はそれぞれ状況も違うので色々見つめなおしてお互いに合った方法でもう一度やり直してみてください。
(「元に戻る」なんてないからね。あくまで 「やり直し」 「再出発」 ですからね。これをはき違えて 「元にもどりたい」 と思ってトライすると心が疲れて失敗しますよ。。)

で、こんなやついらーん! と思った方は、女人生をおうがすべく自分が気持ちよく思える人生を遠慮なく進んでください!
ソイツだけがあなたの相手じゃない!
どこかに 「コイツだっ!」 と思う人物がいますよ。
広い世の中ですかね。

もう一度おさらい。
浮気が発覚したら、すぐ行動にでないで相手を観察しながら自分の気持ちを整理して考えてみてください。
そして自分がどうしたいか、何が一番気持ちよく生きられる選択なのか考えてください。
あなたが色んな意味で気持ちよく生きられる…

それが一番大事です!

◆携帯とネットと浮気

ますかけが小さかった頃と比べると、現代は何と進化したことか…
今何かしようと思ってできない事なんて何もないのではないかと思ってしまいます。
知りたいと思った情報はネットにあふれている(正しい情報かは別として)し、楽しい交流の場(コミュニティーやSNS)、のめり込むゲームの世界、誰とでも気軽に連絡が取れる携帯電話。
これらはとても恐ろしい程人間を虜にしてしまう場合があります。
時には 「人間三大欲求」 すら関係なく、食べる間を惜しんで、寝る時間を割いて、ヤル事なんか後回しに熱中してしまう。
こんなにも 「娯楽」 が多いこのご時世、自分の相手に心底惚れ込むのも気が散って容易ではないような…
ようは、気難しい目の前の人間相手にコミュニケーションをとろうと努力しなくても、楽しませてくれるモノがこの現代には溢れているのです。

きらびやかな都会(表現が古いですが)に夢見ていた頃、田舎と呼ばれる土地に住む人達は娯楽の一つに性行為があった…
一昔前は田舎の人達は沢山の子宝に囲まれて生きている人が多かったように思いますが、現代では特にそういう傾向もないように思われますし、離婚だって人の目を気にしないで自分たちの判断で決断できるようになってきたし…
(これはますかけの身近な例をとらえた自論ですので…)

浮世の 「浮気」 に絶対必要と言ってよいマストアイテムが 「携帯電話」。
これがないと浮気が始まらず、これによって浮気がバレる!

先日、海外の調査で離婚原因に80%以上の人がフェイスブックをが関係していると答えている記事を読みました。
フェイスブックのつながりから、新しい出会いはもちろんですが、モト恋人関係だった人と再開して関係が復活したり、友達の友達が浮気相手になったり、小さな共通点から大きな関係に発展したりするようです。

自分の知らない事を知る…
情報を得るという事はとても楽しい事です。
「デーブ・スペクター」 さんなんて、情報を得られる時間を削るのがもったいないとケチャップのフタすらしめないで奥様に怒られているそうですから…

話は大分それてしまいましたが、「浮気」に 「携帯電話」 は必需品です!
携帯電話の中には持主全ての情報が入っていると言っても過言ではない。
コンタクトを取っている相手はもちろん、どんなやり取りや約束事をしているか、自分と一緒にいない時の行動、趣向なども、登録情報や履歴を追えば全てわかってしまします。
「人の携帯電話を勝手にみるなんて論外だ!」
と、プライバシーを語る人がいますが、、、
そもそもプライバシーって何よ?!

goo辞書で引いてみました。

①「個人や家庭内の私事・私生活。」
②「個人の秘密」
③「また、それが他人から干渉・侵害を受けない権利」

とありました。
「人の携帯をみるのはプライバシーにかかわる!」
と主張するのは、
「私の秘密事に干渉しないで、こちらの世界を侵害しないで」
と言っているのと同じだという事ですかね。

そう主張する… これ、別に悪い事ではない。
悪い事ではないけど、この中には秘密があるからみられたくないと自らネタ帳である事を宣言している様でもありますよね?。。。
だからこそ、浮気を疑った場合は携帯電話をみてしまいたくなりま~す!

でも、ますかけの自論としてはこの行為はいけません!
携帯を勝手にみる行為は、相手からの信頼を失います。
見たければ理由を言って目の前で見せてもらうのが一番よいと思います。
ただし、浮気をしていると確信して証拠を押さえようと思っている場合は別です。
(勝手にこういう場合は罰せられないと考えている! まだやったことないけど)
目の前で見せてくれと言ったら言い逃れされてその場を切り抜けられたら証拠隠滅されてしまうかもしれません。
でもここで注意したいのが、勝手にみるなら絶対に見た事をバレてはいけないという事!
「証拠」 を見つけたとしても、前述した通りその場で問いただしたりしてはいけません!
(もちろん何も怪しい痕跡がなかった時も気付かれてはいけませんよ。)
問いただすのは、 「証拠」 を見つけた時じゃない。
その 「浮気」 があった事実を知った上で、自分がこの先どうするのか決めてからです。

過去の恥ずかしい話で申し訳ありませんが…
ますかけは携帯電話によって浮気がバレタ事が過去に2回あります。
(ますかけはフリーで相手にパートナーとされる人がいた)

1つは 「あいつは絶対俺の携帯電話はみないから」 と断言していた男性Rさんのバレパターン。
彼女はRさんの行動がやっぱりおかしい、絶対浮気していると確信して携帯を見たそうです。
そしたらメールに 「好き」 とか 「愛してる」 なんて言葉がのってると。
「私には絶対言わないセリフを言える相手なんだね」
と言われたそうです。
そしてもちろん浮気を認めざるおえない状況になりました。
ちなみにこちらの女性、信じられない程 「イイ女」 でした!
「相手のますかけさんは全く悪くない。悪いのはあなたであり、そうさせたのは私だから絶対ますかけさんに迷惑かけるような事はしないで」
と言われたそうです。
今思えばますかけと浮気してしまうようなこの男に、この女性はもったいなかったとすら思ってしまう。。。
結果どうなったかというと、バレたのをきっかけにますかけとは別れました。
相手方は別れ話になったようですが結局は別れなかったようです。
その後は知る由もありませんが…

もう1つは 「もともと普段から勝手に携帯電話を見られる」 と言っていた男性Tさんのパターン。
その時Tさんは彼女と上手くいっていなくて、多分彼女は浮気している状態でした。
(正しくは浮気というより肉体関係を含む男遊びかな)
その彼女、自分は遊んでいるのに彼の携帯はチェックするという女性だったそう。
信頼関係も壊れかけていた(というか壊れてた)ので、
「もう勝手にしてかまわないけど俺の携帯電話もみないでくれ」
という約束になっていたらしいです。
ますかけもその時は特定の相手がいるわけでもなく、Tさんも実質破局してるからと遊んだりしてたのですが、メールの内容は気を付けていました。
「好き」 とか入れずに、 「楽しみです」 などの表現でとどめておくとかね。
(順番として上記にある話の後がこちらの話なので、それなりに用心していた)
そしたらある休日の早朝、携帯が鳴って起こされて見れば知らない着信番号。
「はい、もしもし」 と出ると、
「ますかけさんですか?」 …。
「そうですけど、どちら様でしょうか?」
「私、Tの妻ですけど」
「!!!!!!?」

もの凄いビックリしました!
「はい、それで何のご用でしょうか?」
そう言いながら頭の中はフル回転で、
「かかってくるハズのない相手から電話がかかってきたら、人はどういう反応をするのか?!?」
そう考えていると、
「メールを見たんですが、待ち合わせを約束して、会うのがとても楽しみですと書いてありましたがどういう事ですか? 人の旦那とそういうやり取りするってどういうつもりなんですか? なんかあるんですか?!!」
こう切り出されました。
いやー、こういう電話してくるのってTVドラマの中だけの話だと思ってたけど本当に体験する事になるとは…
Tさんは仕事関係の知合いだったのですが、私の存在自体は彼女も知っていたのです。

「仕事をする上でTさんを尊敬していますので、勿論一緒にいて楽しいですから、それなりに仲も良いのでそのように書きましたが? それよりもますかけの携帯に奥様が直接電話をしてこられるというのはどういう事でしょうか? Tさんの携帯のメールをみて聞きたい事があるのならますかけではなくTさんとお話をすれば済む事じゃないですか? 何でますかけの携帯電話にかけてくるのでしょう? 2人ですべき話だと思うのですが… こういう電話は常識では考えにくいので巻き込まれてこちらも不愉快です。Tさんはますかけに電話しているのを知っているんですか?」
後ろめたい事がある事実は棚置きして、何の関係もないのに電話が来たというテイで想像してこう言うと、
「旦那と話していてどういう事か聞いたら何でもないっていうけど、何か無い訳ないからますかけさんに電話かけていいか聞いたら電話していいと言われたのでかけました」…。。。

って、おーーーーーいっ!
何でそうなったっ!
普通かけさせないでしょーよっ!
「Tさんがかけていいって言ったんですか?! それも常識じゃ考えられないですね。 こちらも夫婦間の問題で連絡されて迷惑です。 Tさんに電話代わって頂けますか?」
(崖っぷちに立った時ますかけは頭がフル回転するタイプなので結構うまく立ち回れてるでしょ?)
絶対に浮気だと思い、ますかけに直接電話する事でハッキリさせようとしていた彼女は 「アレ?」 って感じで電話を代わりました。
ますかけは声がでかいので携帯から音が割れてダダ漏れになるタイプ。
限りなく小さな声で、
「もしもし、今少し話せますか?」 そう聞くと、
「はい。」 と答えたので、
「声が聞こえる位置に彼女はいませんか?」 と状況を確かめると
「大丈夫です。」 と。
(彼女にもし聞こえても当たり障りのないやりとりで状況を確認した)
「何でこんな事になったんですか? 電話までかけてくるなんて普通じゃないですよ?! 大丈夫ですか? 何で番号なんて教えるんですか? 何もない間柄ならなおさら、こんな電話かけさせたらおかしいんですよ? わかりますか?」。。。
これにTさん、何て答えたと思います?
「こんな電話でも休みの日に声が聞けて嬉しい。ごめね、ありがとう」
そう言ったんです!!
こらーーーっ!
違うだろそれ!
その気持ち自体は嬉しいけど、自らの状況を悪化させてどーするつもりなのよね?!
この結末はというと、それ以降彼女からますかけが疑われる事はありませんでした。
浮気はしてそうだと思ってたようですが、次から次に疑惑のターゲットがうつっていったようです。
この彼女、自分が嘘つきだから相手を異様に疑うという典型的パターンの持ち主。
夫婦の絆なんて壊れているから、Tさんも異性と遊ぶ(肉体関係はない)事に抵抗などなく、そんなTさんのメールや携帯はもちろん、ネットの閲覧履歴などを彼女があれこれチェックして、疑いをかけられちゃケンカになり、最終的には別れました。

ちょっと実例をかったたら長くなってしまった…
自慢できるような内容でもないのにお付き合い頂きすみません。。。

と、いう事で、浮気を遂行するための必須アイテムである携帯電話やパソコンは、やり取りや閲覧履歴など全てが残っている秘密情報の宝庫です。
ある意味、見るには覚悟も必要かも?!
そして見つけちまった場合はヒステリックにならず、その場はグッと耐えてよく考えてから行動しましょう。
ますかけの挙げた実例の彼女のように直ぐ電話したりすると、その場で確信までせまれなかった場合証拠と思われるものは全て排除されますし、その後しっぽをつかむのは難しくなってしまいます!
(細心の、そして最新の注意を払うようになりますので!)

最近は色々なディフェンス術やアプリもでてきて、携帯自体にパスワードをかけないで 「どーぞ好きにみておくんなさい」 的な態度しておきながら、見られたくない物は巧妙に隠してるなんてパターンもありますよ。

携帯電話にパスワードをかけているのは当たり前な昨今、相手の行動が 「なんか最近へんだなぁ」 なんて思ったら、
「もし緊急事態が起きた時は困るかもしれないからパスワード教えておいて」
と、聞いてみて。
「あぁ、別にいいよ」 とか、
「うん、いいけど緊急電話ならパスなくてもかけられるよ?」
くらいの感じなら大丈夫かもしれないけど、
「えっ? 何で? そんな事起きないでしょ?」
なんて、必要以上に拒否するならちょっと怪しかったりして…

◆浮気になりやすいシチュエーション

浮気のチャンスはゴロゴロ転がっていますが、やっぱりなりやすいシチュエーションというのがあります。
これを理解しておくと 「ん?!」 と思う状況が見えてくるかも…
ちょっと一緒に考えてみましょう!

●仕事と浮気
仕事関係の浮気、ズバリこれが一番多いのではないでしょうか?
普通に働いている人なら一日の内一番長い時間を費やすのが職場です。
職場にいる人間はもちろん、関係会社の人や取引先、そしてそこから波及した付き合いなど出会いなんて腐る程あります。
職場にいると仕事ができる人はステキに見えます。
その上仕事だから生活感を感じない…
それが「職場」です。

仕事って、皆それなりに気を遣って対応するもんだから、一定の常識さえあればそりゃ感じもいいですよね?
そんな環境下で、自分の事をしたってくるカワイイ部下だとか、仕事ができて素敵ですねなんて言ってくるキレーな関係会社のおねーちゃんとかいたら下心が芽生えたって全く不思議じゃありません。
関係を築く時だって、状況が出来上がってからだって 「仕事だから」 の一言でいくらだって時間を都合する事もできます。
う~ん。 とっても理に適っている方法です!

職場でなんかあんじゃないの?
と疑っても、こちら側としてはなかなか状況もつかみにくいので証拠もつかみづらい。
職場での不適切な付き合いは縦横無尽に張り巡らされています。

●趣味と浮気
趣味… これも本当厄介です!
趣味は、 「人間三大欲求」 の次に 「趣味」 というくらいの欲求位置づけだと思いませんか?
言い方変えれば 「ヘキ」 みたいなものですよ。
他のものよりも群を抜いてそれ(趣味)に対する執着があるという事です。
趣味は気になるし、極めたいし、できれば可能な限りの時間を費やしたいと思うものです。
で、趣味の世界で羽を伸ばしていると… 自分と同じモノが好き(自分と同じ趣味)で魅力的な人がいたら!?…
そりゃ関係を持ちたくなるってもんでしょう?

自分が好きなモノを同じように共感してくれる。
それだけで、ものすごい嬉しーは興味は湧くわ… 
なおかつ好みのタイプで、自分にちょっと興味持ってくれてるなんていったら、特別な関係にならないのが特別だと思ってしまいます。
趣味の世界は何かを 「見る」 「聞く」 など 「受」 的なものと、何かを 「やる」 「つくる」 など 「動」 的なものがあると思います。

「受」 なら例えば音楽鑑賞とか。
自分がとても好きな音楽を隣で同じように感じとっている人がいる… ロマンティック!
普段 「そんなん聞いて何がいいの?」 なんてボリューム下げられてるのと比べたら至福の時間でしょう。

「動」 で考えてみるなら例えば社交ダンス。
これは浮気の定番です。
自分がもっと上手くなりたいなぁと思っている事をステキにこなす人がいる…
しかもこの趣味はその最中にボディタッチがあったりなんかしてもうスイッチ入らないわけがない。。
別項でも述べましたが人間はなれる生き物です。
ボディタッチなんてしてたらどんどん肌に触れる事自体になれてきて、それ以上肌を寄せる事への罪悪感なんかどっかすっとんでしまいます。

趣味で出会う人は同じものを好きなわけで、それは別項で述べた 「価値観が同じ」 と同じ事なのです。
価値観が同じ… それは希少な偶然であり、その条件がある上に相手が自分好みだなんてトッピングがのれば食わないてはない!
同じ趣味で自分よりできる人、自分が理想とする事が体現できている人がいたら、好きにならずになんていられないよね。。
趣味の世界は危険地帯です!

●教師と生徒
これは義務教育の場を連想させる言葉ですが、それだけを表現しているわけではありません。
「教える側」 と 「教わる側」 の関係という意味です。
○○学校とかもそうだけど、ある意味趣味を学ぼうと思った時も学校に通うなどこのシチュエーションはありますね?
「教える側」 からしてみれば 「教わる側」 は何も知らなくて自分を頼ってくるかわいこちゃん。
「教えて教えて」 って自分の得意な事を聞いてくるわけだから、好みのタイプなら嫌な気なんてするハズもない。
「教わる側」 からすれば 「教える側」 は、自分のできない事が何でもできちゃうスーパーマン!
すごいすごいと尊敬する上に自分のタイプだったら、興味もたないハズがない。

と、いうわけで、 「ハズもない」 が2つそろうと関係が容易に出来上がるのですね~。
また、 「教師」 からみる 「生徒」 は沢山いますが、
「生徒」 からみる 「教師」 は一人しかいない。
これがどのように恋愛に作用するかというと、教師に目をかけられたら、生徒は自分を 「特別」 だと思うのです。
「特別」 って、恋愛ではものすごい起爆剤になります。

もともと上下関係があるから、特別な関係になった時もあるべき関係を保ちやすいです。
でもこれ、自分がやる時は注意してくださいよ~。
その立場上、一部で仲良くなるのはタブーです。
周りはよーく見ています。
そんな事実(お付き合い)がなくたって、仲がいいだけでウワサがたって大変な思いしている人も多いのがこのシチュエーション。
本当に規制事実がある場合は相当頑張らないと、どこからバレるかわかりませんよ。

●近所の人
最近 「昼顔妻」 って流行ってるみたいですが、聞いた事ありますか?
午前中から放映している情報番組で度々特集が組まれていますが(ドラマでも「昼顔」が放映され話題に!)、旦那が仕事に行った後他の人といけなーい事を楽しんでいる家庭とは別の顔をもった妻達の総称です。

ご近所のあなたの知合いにも何人かいるのではないでしょうか?
友達の立場で聞いていると、なんかすごいなー楽しそーだなぁ位の話で、時にはアリバイ工作に加担したりしているかもしれませんが、その知り合い実は… あなたの敵かもしれませんよ!?

昼顔妻になっているその知人は、立場的には、あなたのお相手の 「浮気相手」 に当ります。
親身になって世話していた友人の不倫相手が実は自分の夫だった! なんてアンビリバボーな話だって実際あります。
友人に恋人や旦那を寝取られたなんてのもザラにある話です。

ではなぜこんな身近なところでそんな関係になるのか?
まず浮気する相手ですが、相当出向く場所がなければ出会い系サイトなどで知り合う他自分の知人と関係を結ぶしかありません。
まさか外歩いてるのを一目見て 「お!いいねぇ~」 と声をかけいきなりやるなんて… 若い子じゃあるまいし相当の手練れorヘキじゃなきゃできません。
出会い系でターゲットを引っ張りだしてこれる人はいいのでしょうが、これもアタリ・ハズレ含めて相手がどんな人物かわからないというリスクもあります。
ますかけの知り合いにも 「ツツモタセ」 にあっちまった知人がいます。
で、やっぱりある程度情報を持っている知人相手が多くなる。
上記で挙げているように、仕事関係の人だったり趣味で出会った人だったり…
まぁそれなりに相手を知る事ができる関係です。
そのリストに加わるのが 「近所の人」 なんですね~。

自治会や子どもがらみの行事などで知り合いとなり情事へ発展する…
場所が近所だとリスクがあると思われがちですが、これが意外に 「灯台下暗し」 で、一緒に居るところを見られても 「○○ちゃんのパパと○○ちゃんのママだ、今日は自治会の買い出しかね」 くらいで終わったりするのです。
そして会いたい時に会える距離がご近所の強み!
寝かしつけた子どもを置いてコトを済ますため近所で落ち合ったり、会社の飲み会で遅くなった足で不倫相手の家へ立ち寄ってから自宅に帰るとか、フタを開けるとやりたい放題な恐ろしいジャンルです。
このサイトで挙げている事は何でもそうですが、物事は全て1枚のコイン。
コインは1枚でも裏と表が存在します。
相手にありえる事は自分にもありえるし、自分がやっている事は相手もやっている可能性があるという事です。
人を疑いながら生きるのはさみしい事だとは承知していても、自分自身すらあるべき様にコントロールできないのに、相手やまわりの人たちが 「あるべきすがた」 から脱線していないなんてありえないと思いませんか?

「○○に限ってはない」 なんておとぎ話や絵空事だと受けとめるべきです。

◆浮気をするなら…

さぁーて、色々語ってきましたが、浮気は別に相手にされるだけのものではありません。
まったく予期していなかったのにいつの間にかあなたがハマってるかも!?

実際読んでいる方の中で現在進行形の浮気をしている人も数多くいると思います。
「気持ちよく生きる」 を追い求めるのがテーマのますかけサイト。
自分が考えた挙句 「浮気」 をする事であなたの人生が素晴らしいものになるならそれでよし! だとますかけは思っています。

でも待った! 本当によく考えましたか?!
浮気はやっちまったが最後、その既成事実は消す事ができません!
法的に定められたつがいでないのなら特別なケース以外罰せられる事はありませんが、よく考えて行動する必要があります。
ただただ欲望に身を任せてはいけませんよ~。

では、どんな事を考えた方がよいのか一緒に紐解いて行きましょう!
まずはバレタ時の事を考えてください。
「浮気してんの? いーよ! オールOKさっ!」
なんていう相手もなかなかいないでしょう。
バレタ時にスカッと別れる事ができますか?
この 「スカッと」 には大きく2つの意味があります。
まず1つはあなた自身が本命とされる相手と別れられるか。
カラダ・ココロ・利害関係その他もろもろを含め、キレイに別れる事ができるかという事。
そしてもう1つは、相手の性格がそれに対してどう対応してくるか理解しているかという事。
逆上して暴力行為になるかもしれない!
ヘタすりゃ新聞沙汰にだってなり兼ねません。
あなた自身に危害を加える他に、両親に暴露するとかあなたや浮気相手の家族や会社にチンコロ(チクリのことね)するとか、得体の知れない危険が待ち受けているのです!
そんな心配をしない為にも自分の立場をキレイにしてから浮気しましょう… って、それじゃ浮気じゃないじゃんね!
今の立場をそのまま保って、他でカラダやココロを満たそうとするから浮気なんですか!
現状をそのままによそで浮気行為… でもバレタら大変な事に…… けどそれが自分が幸せに生きる道……… うんうん、そうですか、では仕方ないですね!
と、いうわけで、現状を守りながら他へ幸せを追い求める場合の注意点を挙げてみます。
「まさか私にそんな事起こらないわ」 じゃないんですよ!
どこにでも普通に転がってる地雷を踏んでしまわないように最低限下記を心がけましょう!

●ゴムなしではやらない
もう、本当に、最低限のルールです、これ。
ナマは絶っっ対ダメです! 理由は2つ!
ゴムのミドルネールは 「避妊具」 です。
(ミドルでもないか?)
文字通り。 妊娠しない為に使う道具です。
本命(だろう)相手がいる中の妊娠は、精子の製造元が誰だかわかんないサスペンスの襲来です。
そして本命に妊娠がバレると通常自分の子どもだと思いますから、産んでくれなんて言われた日にはどうしましょうじゃ済みません!
自分の子だと誤解してくれるならまだしも、産婦人科に行けば 「いつ頃やってできた子」 なんてのは簡単に分ります。
「俺、おまえとその時期してないけど?!」 なんて事になったら!?……
想像するだけで呼吸も止まりそうです!

また、もし内緒で中絶しようなんて事になったら金銭面でも肉体的にも多大なダメージです。
中絶にはもちろんお金がかかります。
自分の体も傷つき、中には妊娠しにくい体になってしまう人だっています。
お金の面で安く済まそうと思って医者を探す行為は、金額を下げた分だけ自分の体が傷つくリスクが高くなると思って間違いないです。(確率的にはね)

そしてもう一つは性行為から感染する病気の予防です。
例えばHIV。 通称エイズ。 皆さんご存知ですよね?
これはゴムをつけるだけで格段に感染を予防できます。
(やる上では挿入行為以外にも血液・粘液の接触が考えられるので感染確率が0%とは言えない。)
これ以外に完治しない性病や専門機関で治療しないといけないものなど色々あります。

以前 「元カレの元カノの元カレの元カノの…」 というフレーズがずーっと続くCMがやっていましたが、あれほんとゾッとしました。。
人から人へ感染してしまうのです!
しかも感染確率は性行為が一番高い。
あなたがその浮気相手と楽しんで他の人とは一切交わらずに死んでいったとしても、あなたの中にはそれが残るわけです。
また感染した事にきずかず本命(とよばれる人)や他の候補者と性行為に至ればあなたが媒介する事にあるのです。
もう浮気どうのこうのなんて問題超えて責任が取れる状況ではなくなります。

「自分は大丈夫」 「相手は大丈夫」 なんて思わないでください。
大丈夫か、大丈夫じゃないか、確率は2分の1です。
その確率を限りない 「0」 へ近づける為に、最低限ゴムは着用してください。
ナマの方がキモチイイけどね。。。

●とにかく 「履歴」 を残さない!
浮気がバレちゃう時は

①現場を押さえられる
②チンコロされる(誰なんだか大そう親切な人が教えてくれちゃったりするのね)
③何らかの 「履歴」 をみられる

上記どれかのパターンと言ってよいのではないでしょうか?

①は、もう言い逃れできません。
偶然あっちまった! なんて未知との遭遇的な場面もあれば、相手が不振に思っていて調査など依頼してたなんて場合もあるかも。
これ完全な終幕です。

②は、自分の不注意からおこります。
ようはどこかで 「見られた」 という事。
(もしくは不用心に誰かに話した)
嘘ついて出かけるなら、いないハズの場所にいるのを見られるのはマズいし、そこいらへんをイチャイチャしながら歩いちゃいけないし、ホテル街の近くで 「ヤリタイ」 オーラなんか出してたらそりゃー目につきますって…
精神的なココロの浮気を楽しんでいる場合は、外でイチャイチャしたりするのがまた楽しーのかもしれませんが要注意!
「壁に耳あり障子に目あり」 です!

③何らかの 「履歴」 をみられる…
これが一番確率高いと思います!
このサイト内でも散々言っていますね~。
でも、一番確率が高いけど、一番自分自身でケアできる事でもあります。
どういう事かちょとだけ掘り下げて考えてみましょう。

とにかく多いのが 「携帯電話」 からの発覚。
本当に今の世の中すごいものができました!
ますかけが小さい頃には想像もしえなかった道具…
(そのうちタイムマシンも本当にできちまうんじゃないのか?!)
これのおかげで浮気し放題といっても過言ではないでしょう!
浮気のマストアイテムだからこそ、これによってバレるケースも多いわけですね~。
「浮気」 というくらいだから、バレちゃいけない相手がいるわけでこれは全力で隠さなければいけません!

それと、浮気相手からもらったプレゼントを他の物と分けて大事にしまっておくとか、肌身離さず持っているとか、メールなどの履歴を他の媒体にキレイに残しておくとか、いっさいがっさい御法度です!
特に浮気内容が 「ココロの浮気」 の場合は 「記念品」 だとか 「言われた嬉しい言葉」 とか残しておきたいと思っちゃおうよね。
でも、ダメ。。。。。。
潔く削除してください。

プレゼントに関しては会社のロッカーやデスクにしまうとか工夫しましょう。
(あくまで浮気相手が会社に関係のない人の場合は有効だけど、社内不倫などの場合はおすすめしません! 勝手に机やロッカー開ける輩は以外にいますので! 鍵付きなら安心か?!)
車の死角に隠すとか、家の机にしまっとくとか、いつでもカバンに入れておくとか、、、子どもや犬じゃないんだから! そんなんは全然安全じゃありませんから!
その程度のカムフラージュはひょっとしたきっかけでみつかって 「なんだこれ」 とさくっとポイされるか、知られたくなかった事実を知られる最悪なケースまでいくかどっちかです。
浮気や不倫の相手にプレゼントするんなら、 「はだか」 で渡すくらいの気遣いがあってもいいくらいだと思います。
ラッピングって捨てられないから困るでしょ?
意中の相手にもらったものならそれすら大事だから大切に保管したくなっちゃうし。
その気持ちをくんで相手が捨てられないなら、こちらもはなから余計な物は持たせないようにするくらいの気を遣いましょう。

「履歴を残さない」 という事は、お互いにお互いの為を思って気遣うべきでマナーです。
大切な思い出に浸れるプレゼントやメールや写真などの 「履歴」 は見つかると 「動かぬ証拠 」となり、こちらがバレるのは自業自得だとしても、相手の素性もそこからバレてしまいます!
そうすると浮気相手へ本命(だろうはず)の人が連絡したり、仕事先にチンコロしたり押し掛けたり、慰謝料請求だなんだともう大変な事になります。

自分が大事にしていたものが、大切な人(浮気相手)の首を絞める事になったら、イヤでしょ?
それに浮気は本命(だろうはず)の人にバレないようにするのは、悪いと分かっていて行動(浮気)しているあなたが全力で取り組まなければいけない最低限のルールです。
思いでとなって輝いている大切なモノは、ココロの中にありますよ!
「履歴」 はキレイサッパリ葬り去りましょう!

●支払は現金で
自分でお金の管理を全てしている場合、支払はカードだろうが現金だろうが問題ないように思うかもしれませんが、やましい事に関係するモノは全て現金で支払ってレシートなどはその場で捨ててくるというのが安全です。
カードは各社サービスによって異なるとはいえ、長い期間さかのぼって利用履歴を確認する事ができます。
今確認されようのない状況でも、いつ確認されちゃう状態に変わるか分りません。
「これなにに使ったの?」
なんて聞かれるきっかけをわざわざ作る必要はないんだから。
レシートに関してもその場で捨ててしまいましょう!
よくドラマである、スーツの内ポケに動かぬ証拠が! みたいな状態になりますよ!
(まず受け取らない。そしてサイフにもしまわない。無意識にくしゃくしゃにしてポケットへなんてまねも絶対しない。)
最近はチャージ式でクレジットカードの様に使える便利なカードもありますが、このご時世ほとんどのものが利用履歴を確認できます。
この場合カードさえ見つからなければバレないが、カードが見つかると普通みかけないカードに
「何これ?」 となりやすい!
(カード自体が実在せず、ネット上にカード番号だけが存在し、そこへチャージするなんてシステムもありますが、これへのチャージはコンビニなどで支払う為このレシートを処分しなければいけないです。)

と、いうわけで、支払いは現金に、そしてレシートはその場で捨てるを心掛けください。

また、カードやレシートはこちらが浮気を発見する場合にも有効なので、相手のこの辺りの行動もチェックしておきましょう!

◆浮気 ―総括―

浮気って、どんな浮気でもそれなりに理由があると思うのです。

関係がうまくいってなかったからつい…
素敵な人がいたから軽い気持ちで…
都合悪い(もしくは良い)事があったから仕方なく…
自分の考えが浅はかだったから…

まぁ挙げればきりがありませんが…
この、人の数だけあるだろう自分本位な理由(だって浮気は基本だめですから)で浮気をするのだから、その理由がある限りは、その理由が改善されない限りは続くだろうし繰り返されると思うのです。

でも、世間では 「浮気」 と一括されるその行為も、悪い事ばかりではない…

道徳として考えたらまずいです。
でも、そういう関係からかけがいのない何かを手に入れたり、満たされた時間を過ごす事ができるのも事実だと思う。

聞いたら殴りたくなる程腹の立つ浮気話もあるでしょう。
聞いたら素晴らしい恋だと納得してしまう浮気話もあるでしょう。

ある程度人生を経験してきて、「大人」 と呼ばれる存在であるならば、自分自身の事をよく見つめなおして、自分自身考え、悩み、納得して歩む浮気道ならば、ますかけはそれでよいのではないかと思ってしまいます。

ただし、リスクはある。。。
そのリスクが弾けた場合は 「あなた」 にも 「相手」 にも 「浮気相手」 にも火の粉が降り注ぎます。

あなたがする立場でも、あなたがされる立場でも、その理由をちゃんと紐解いていけたなら、最終的に全て受け止めて、自分のとるべき行動が考えられると思います。

最後にどろっと重たくなりましたが…
浮気は悪いけど、悪くない!
浮気は良いけど、良くはない!
これを決めるのも全て、当の本人です!

しようがされようが、やろうがやられようが、自分の気持ちは、自分の行動は、自分にからむいろーんな事をひっくるめて考えて、自分でちゃんと選んで決める!!

「しあわせは いつもじぶんの こころがきめる」

頑張れ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>